読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人のブログ

何故『目を背けたくなるような表現』から『目を背けさせて』はならないのか

最近、東京都知事選挙に関連して、表現規制問題についての意見を目にする事が、 個人的には、なんか増えてるよなーと感じるんですが、その中の意見の一つとして、

表現の自由は大切だが、だからと言って『目を背けたくなるような表現』を野放しにするのは如何がなモノか

という感じの意見を目にする機会がありました。

それで、つい先程まで、その意見について自分なりに考えていたのですが、 その思考の中で、気づいた事や、あるいは、これは見落されているのではないか、と言う事柄などが、 自分なりにまとまって来たので、今日はその辺りを整理する意味でも、今回の記事を書きたいと思います。

1. 『目を背けたくなる様な表現』は『現実の醜さの写し鏡』である

まず、そもそも、大抵、こう言う表現規制問題的な文脈で言われる、

『目を背けたくなる様な表現』

は、どのような物か、と考えていて、色々と思い付くままに書いてみると、これは例えば、

  • 性的表現では
    • 小児性愛的なモノ (要するにロリ)
    • 不倫や強姦などの反社会的なモノ (NTR とかその辺り)
  • 暴力表現では
    • 流血表現や、殺人の表現
    • あるいは、暴行、虐待、拷問などの非人道的行為
  • 反人道的表現
    • 特定の宗教や宗派への冒涜、禁忌を使った表現
    • 特定の出自などに基く、差別的、あるいは、増悪的な表現

というのが、まあ割とメジャーに問題になると思います。

それで、

これらの表現について、一定の線引きをした方が良いのでは?

という意見を、政治家であったり、あるいは市井の人々であったり、 若しくは、表現を生業にしている人々からであっても、この様な意見が出て来たりして、僕としても、

まあ、感覚としては、判らないでもないけど……

と思ったりします。

しかし、これらの、

『目を背けたくなる様な表現』 は、 何故『目を背けたくなる』のか?

という 根底的な所 について、 皆に考えて欲しい のですが、この、

『目を背けたくなる様な表現』 は、 何故『目を背けたくなる』のか?

という 問い

について、自分なりに考えた結果、僕としては、これは、

『目を背けさせる様な表現』 が忌避される理由は、 『人間の醜さ』や『現実の残酷さ』を『直視させる』からではないか

と言う結論になりました。

つまり、人々が口にする、

『目を背けたくなる様な表現』

とは、

残酷な事実人間の非道さ写し暴く『現実の写し鏡』

であり、その人の罪や業の直視し難さから、それらの表現を忌避したり、 あるいは『目を背けたく』なるのでは、と僕は思います。

2. 『目を背けたくなる表現』から背を向けることは、『醜い現実』から背を向けることである

先の文章では、

『目を背けたくなる様な表現』 は、 何故『目を背けたくなる』のか

について考え、それが

それが 『現実の非道さ』『人間の醜さ』 を写し暴く 『鏡』 であるが故である

と、書きました。

そして、その、

『目を背けたくなる表現』 が、 『現実の醜さ写し暴く鏡』 である

のならば、その、 写し出された現実の醜さを反映した表現 を、法規制などで、

『一定の線引き=表現することを禁じて』 しまっても 良いのか

と、考える必要が有る、と僕は思います。

これについては、各々の考え方や、あるいは政治的信条、もしくは、宗教的、文化的な価値観に基き、 それを判断すべき事柄だ、と僕は考えています。

しかしながら、僕としては、その、

『鏡に写しだされた「現実」の「醜さ」』 を理由に、 その『鏡に写し出すコト=表現すること』を禁じてしまう

のは、現実の醜さや、人間の非道さ、あるいは、罪や欲望といった、人間が向き合わねばならない事柄から 『目を背け』 、 それを見なかった事にする、或る種の逃避行動であり、 『現実の問題』からの『逃げ』 である

と、僕は考えています。

3. その『目を背けたくなる様な表現』は、本当に『線引き=規制』してしまっても良いのか

自分としては、この手の表現規制問題については、昔から反対な立場なのですが、 今回、自分で思考するうちに気付き、そして書き上げた事柄については、 あまり深く考えた事がなかった、というのが正直なところです。

と言うか、僕の場合、昔からどうも抑圧的な方向に思考が流れる指向性が有り、 表現規制問題も、その手の、人民へや政敵への抑圧や弾圧に使われるのではないか、 というのが、率直な反対理由でした。

しかしながら、今回考えた様に、

『目を背けたくなる様な表現』『現実や人間の負の側面の写し鏡』

である、と言う風に考えると、これを安易に禁じたり、あるいは流通を規制したりする事は、 その問題となっている事柄から目を背け、却って現実の問題からの逃げを肯定することとなり、 最終的には、社会問題や人間が引き起す負の連鎖などへの対策を妨げる、 人間社会全体の大きな障害物となり得るのではないか、と僕は思います。

また、この手の表現規制問題で良く言われる、

青少年への悪影響が云々

という意見については、確かに、精神の発達度合いや、あるいは物事への分別が付いてない状態で、 それらの情報に容易に触れたり、あるいは興味半分で手を出したりすると、青少年が痛手を受け傷ついたり、 場合によっては、心的なトラウマになったりする事も有り得る、というのは、理屈としては分からないでもない、と、僕でさえ思います。

しかしながら、だからと言って、そうした情報から、物事の分別が付く、あるいは、その分別を付けられるようになっていく、という発達の段階で、 青少年にそれらの情報を十把一絡げに触れさせない、と言うのは、特定の事柄への無知を広げさせたり、 特定の事柄について、未熟な判断に基く、誤った知識を却って広げかねない、という側面も有るのではないか、と思いますし、また、そういった、

『青少年に有害となり得るかもしれない情報』

について、 全く触れさせない という 無菌状態での教育 は、 その様な情報に触れた時の対応を誤らせ、却って話がこじれてしまったり、 また、非道い被害に有ったりしかねない、と僕は考えているので、 そういった、有害性を含む情報の取り扱いや、それらの情報の見分け方、 あるいは、それらの情報への向き合い方を教える、と言う事が、 真に青少年の為になる教育なのではないか、と僕は思います。

以上

なんか久しぶりにこの手の長い記事を書きました。

なんというか、この手の長文を最近まったく書いてなかったので、 なんか色々と書くのに時間食ったりはしましたが、とりあえず今回の僕の考えや、 あるいは、これを読んだ方々に考えて欲しいな、と思う事柄は、そこそこ書けた様に思います。

という事で、今回の記事は以上です。

何かの参考や、あるいは物事を考える切っ掛けになれば幸いです。

なぜ山田太郎氏は今回の参院選で 30万票近く得票しておきながら落選したのか

という事について、個人的に思うこところを、今回の参院選の雑感も兼ねて書いておく。


1. 今回の山田太郎氏の落選は、彼自身に原因が有る

ぶっちゃけ、今回の山田太郎氏の落選の原因は、僕が思うに、

山田太郎氏の、『選挙屋』としてのセンスのなさ

が、原因だと思っています。

と言うのも、彼の政治への実務への能力については、 様々な彼の活動から言って、僕は疑い様も無い、と思っているんだけど、

政治家として活動するために、まず、選挙に当選する

という部分について、今回の選挙では、モロにその事への弱さが出た感じだし、 また、それについてセンスが無いが故に、今回 30万票を集めておきながら、 落選と言った結果になった、と僕は思います。

また、山田太郎氏は、きちんとした理念ある政治家だ、と僕は思ってますが、 今回、その理念に従いすぎたが故に、落選という結果に終わった、と僕は感じているので、 その点については、今後彼の陣営が分析を行い、きちんと次の選挙等に生かせるよう、 色々と改善していって欲しい、と彼に投票した有権者としては思います。

2. 理念や理想があろうとも、選挙では妥協が必要

まあ、今回の山田太郎氏の落選原因は、彼の選挙へのセンスの無さ、理念へ従いすぎた青さが、 彼の直接の敗因だとは思うんだけど、それは兎も角として、では、

理念や理想ある政治家は、選挙で当選するために、どこまで妥協が必要か

となると、結構これは難しい事柄だ、と個人的には思う。

まあ、そもそも党是が自分の政治信条と食い違い過ぎている、という所から立候補するのは、 ストレスとか当選した後の軋轢とかで大変な事になりそうだけれども、しかしながら、 だからと言ってそれに拘り過ぎると、今度は選挙で負ける、という事態になってしまいます。

となると、どこかでその辺りの調整と言うか、理念を失なわない範囲での、 立候補先への調整というか、まあ、現実への妥協が必要だと僕は思うんだけれども、 まあ、この辺りの妥協の仕方が、

政治家としての『選挙』へのセンス

に繋がってくるのかな、と僕は思います。

3. 今回山田太郎氏を支持した有権者は、今後どうしたら良いか

ま、これは僕も含めてなんですが、有権者というか、表現規制問題に取り組みたい人間に取って一番重要なのは、

政治への働きかけを 継続的に 行い、そして、政界へのパイプを太くする

というのが大事なのではないか、と個人的には思っています。

って言うか、僕に取っては、今回は山田太郎氏が落選という、残念な結果に終わってるんだけど、 そこで立ち止まってたら先進まないし、また、特定の誰それという政治家だけに、 特定の問題への働きかけを依存する、というのは、そこが 単一障害点 というか、 まあ、そこがやられたら一気にお終い 、というコトになりかねないので、 そう言った意味では、

政界へのパイプは、常に複数、出来れば数多く保持しておく

というのが重要ではないかな、と僕は思っています。

以上

という事で今回の選挙について思ったことは大体そんな感じです。はい。

気がついたらブログを始めて 10年以上経ってた

という話。


はい。

というか、僕のブログは今でこそはてなブログを使ってますが、かつては、

  • blosxom だったり
  • 自作の PSGI Application な blosxom clone だったり
  • Tumblr だったり
  • あるいは hugo を使ってたり

という感じで、色々と環境を変えてたりしつつも、割と継続している感じだったのですが、 なんていうか、こう、気がついたら 10 年続いてました。

それで、10 年前って確か僕はまだ 18 歳かそこらで、かつ、 精神的な方面での調子も悪かったはずなので、 よくもまあ続いたモノだな、と淡々と単に思いますね。


で。

それはさておき、僕は最近、長文ブログ記事でモノ申す、 みたいな記事を書いていないなーと思うワケなんですが、これは何故か、というと、

単にソレを書く意欲が続かない

というだけだったりします。

というか、去年の YAPC::Asia 前後でのネット上での揉め事 (詳しくは聞くな) に首を突っ込んで、 自滅的に消耗して以来、

もう、他人に対して怒ったりするのは止めよう

と思い、実際、もうその手の話 (ネット上で見掛けた揉め事等) には首を突っ込まない様にしてたんですが、 それ以来、なんか怒りとか憤りとかを元にした記事が書けなくなってしまったんですよね。 なんと言うか、怒りとか憤りを元にした記事を書こうとすると、途中で疲れてきて、

ああ、もう良いやこれ、なんかもう面倒くさいし

ってなってしまうと言う。

また、僕自身、あの手の、

  • 誰それと誰それの揉め事に自分が怒る理由

というのが分かった、というか理解するに至っており、その辺りの兼ね合いも有ってか、 その手の怒りのエントリ、みたいなのが書けなくなりましたとさ。


ちなみに。

僕が誰それと誰それの揉め事に怒りを感じる理由が分かった、って書きましたが、 それは何か、というと、これはもう単純に、

その理由が弱さであれ強さであれ、それを理由に他人に牙を剥いて襲うこと自体が赦せない

という事だったりします。

そして恐らく、これは僕にとっては、昔からそうだったのだろう、と思うし、また、世の中、 こういう誰から誰かに牙を剥きその対象を傷付けあう、みたいな話ばっかりなので、 もういい加減うんざりしてきた、っていうのもあります。

そして、こういう他人に対して人の醜さを見付ける、ということは、それはそれで合わせ鏡みたいなモノで、 つまりは自分の中のそういう要素を見付けている、という話も有ったような無かったような、な話なので、 それはつまるところ、僕は他人の感情が分からない故に他人を傷付けることを恐れているし、 また、そういう自分が人間的な醜さを受けいれられない、というのは、 そういう『他人を傷付けてしまい易い自分』が赦せないとかそう言う話なんだ、と思ってます。


と言うことで、ブログを始めてから 10 年以上経ってた、という話と、 それにかこつけたポエムは以上でした。

まー、これからも、ネガティブなネタはあんまり扱わずに、 ぼちぼちとブログを更新していけたらなーと思います。はい。

Slack で Twitter を閲覧できる様にした

という話。


今回作ったモノ

github.com

なぜ作ったのか

うん、前々から Twitter とか Lingr とかその他色々なユーザーストリーム系 Web サービスのタイムラインを、 どこか一箇所にまとめたい、と思ってたんだけど、つい先日に、その辺りに本気出すぞ! と思い立ったのが、直接のきっかけ。

それで、その時に始めは既存の OSS でも使うか、とも思ってたんだけど、イマイチしっくりと来るモノが見付からなかったので、 無いならば、作ってしまえ、ソフトウェア、という感じで作ったのが、今回作った Slack bot だったりします。

んで、一応、ソースコードとかは上記に貼ったリンク先のリポジトリに上げてあるのですが、 正直、自分用にしか作ってないので、まあ使い方などは各自ソースコード見てな、って感じになっています。 ま、なので、各自これ使いたい! とか言う場合には、ソースコードみてがんばって下さい。

ちなみに僕は、上記の Bot を DigitalOcean に立てた Dokku インスタンス上にデプロイしています。

実際に Slack で Twitter の TL を見た感想

うん、なんか、すごく、見やすいです……。

なんでやろか。

以上

という事で、もうなんか暑さでダレで来たので、この辺りでこの記事は終っておきます。

はい。

Electron と NW.js の違いについて

昨日と今日で色々と調べたので、その辺りメモっておきます。


そもそも Electron や NW.js とは何か

基本的には、

の両者とも、

既存の Web 技術を使って Cross-Platform な Desktop App が作れる

という類いの代物。

なので、基本的には 、プログラミング言語としては Javascript 系言語を、 インターフェース の構築には Web 技術 + 各種プラットフォームの固有な要素を、 それぞれ使う、というイメージになる。

ただし、 Electron と NW.js はそれぞれ方向性が微妙に違っていて、

  • Electron
    • node.js に WebView + α を加えたモノ
  • NW.js
    • WebView に node.js + α を加えたモノ

という違いが有るっぽい。

Electron と NW.js でのセキュリティの違い

これも Electron だろうと NW.js でも基本的には、

Web での脆弱性対策 + デスクトップアプリとしての脆弱性対策

が必要になる、という点では同じなんだけれども、

  • Untrusted な Remote Contents を表示する

という要件が有る場合、

Electron より NW.js を選んだ方が良いのではないか

という印象がある。

と言うのも、

  • Electron は Desktop UI として WebView を使う

という方向性のため、

Electron の UI 上で Untrusted な Remote Contents を表示する

というのは指向されておらず、また、実際 2016年 6月現在の Electron では、

  • Untrusted な Remote Contents を確実に安全に表示する方法

は、

Electron 本体に手を入れる他ない

というのが、今のところの現実みたいらしく、現に Electron ベースの ブラウザである Brave では、 Electron 本体のコードにパッチを当てて、 Brave の ブラウザを実装しているっぽい。

その反面、 NW.js では NW.js での Node Integration を無効に出来たり、 あるいは、 Chrome Extensions の API がそのまま生えてするらしいので、 この辺りの事から言っても、

  • Electronnode.js が主体となって WebView がくっ付いてる
  • NW.jsWebView が主体となって node.js Integration がくっ付いている

と言えるのではないかと思います。

Electron と NW.js のどちらを使えば良いか

基本的には、

  • Electron は Web 技術を使って Desktop App を作りたい時に使う
  • NW.js は Web App に Standalone な Desktop UI を付けたい時に使う

というイメージで捉えておけば問題はなさそう、と個人的には思います。

ただ、どちらにせよ、

DOM-based XSS に代表される Web UI の 脆弱性対策

デスクトップアプリとしての 脆弱性対策

は、 必ず必要 となってくるので、その辺りについて瑕疵が有ると、

そのアプリを使った人や組織に、致命的なダメージが行ってあばばばばば

というのは覚悟しておいた方が良いと思います。

以上

ちなみに、僕は今回、こう言うまとめ記事を書いてはいるものの、 僕自身もまだ完全には Electorn や NW.js について、

実装上の注意点やら脆弱性を作り込まない方法やら

ってのは理解し切ってないので、もし何が指摘が有るのであれば、 コメント欄やはてブのコメなのでご指摘して頂ければな、と思います。

と言う事で、昨日と今日で調べたことのまとめは以上です。はい。