読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

かなり久しぶりにプログラミングをした

ら、ちょっとしたコードを書くのに、二時間ぐらい掛ってしまった件。


まあ、ハッキリ言ってサボり過ぎで、腕というか勘所とか、あるいは構文を忘れてたりして、 正味一ファイル相当のコードを書き上げるのに、二時間ぐらい費してしました。

それで、書いていたコードは golang のコードなんだけど、やっぱりプログラミング言語って、 まったく触ってないと、意外と忘れ去ってるモノなんですね、とか書いていて思いました。

ま、作りたいモノへの意欲も結構復活している感じなので、 今後は少しずつ作りたいモノとか作って、プログラミングのリハビリをしたいと思ってます。はい。

Anker の USB 3.0 Hub を買った

コレです:


なんで買ったのか

僕が今、メインで使っている PC は、

  • Dell XPS 9560

なんですが、この Laptop はUSB 3.0 のポートが左右に一個ずつしかなく、 USB 3.0 の 外付け HDD (とは言ってもケースに自前で HDD 詰めるヤツ) を接続して活用しようと思うと、 それだけでポートが足りん、となるので、とりあえず購入しました。

使ってみた感想

作りはシンプルだし、梱包もシンプルで良い感じでした。

それで、基本的には刺しっぱなし運用になると思うので、 こう言うシンプルな作りなヤツの方が、故障しやすそうな箇所が少なさそうなのは良いです。はい。

以上

それはそれとして、もうそろそろ何かしらの開発の再開をしたい。

Windows 10 Pro 32bitで軽量な Windows VM 環境作った

と言う今日の話。


まあ、今現在の僕は基本的には macOS や Windows とかを使わない感じなんですが、 iPhone SE や iPad 2 を今のメインの NixOS がインストールしてある Laptop (Dell XPS 9560) で真面目に管理しようと思うと、 やっぱり Windows VM が必要だよね、って事もあり、とりあえず Virtualbox 上に環境を作りました。

それで、大して使いもしない VM にそれなりのリソースを割り当てるのも勿体無いので、 下記の様な作業をして、一応は使用メモリを大幅に削減したりしてました:

  1. グラフィックの修飾効果を必要最低限にした
  2. 使わないであろうアプリの削除 (プリインストールも含む)
  3. あとは、VM で必要になりそうもないサービスの停止
  4. あと msconfig で boot 周りを高速化 (GUI boot の無効化とか)

まあ、基本的にはグラフィックエフェクトを無効化して、必要ないアプリとかサービスを止めただけで、 あんまり hacky な事はしていない、はずです。

あと、メモリとかそんなに割り当てるつもりが無かったのと、 使用メモリの削減を詰めるために、Windows 10 Pro は 32bit の方を使ってます。


で、まあとりあえず上記の様な環境を作ってみて様子をみた所、 起動が一瞬で終わり、かつ使用メモリも 600MB を切る感じの VM が作れました。

が、実際にはこれに iTunes とかを足す事になると思うんで、 あんまりこの軽量感を維持できるかどうかは微妙な感じです。

それと、Virtualbox が時々奇妙な挙動をしたり、あるいは何か良く判らないけど、 VM 上の Windows が BSoD したりしている部分も有るので、本当に安定して運用出来るのかなー、 という面が微妙に有ったりします。なので、あんまり本気運用しづらい感がある。

まあ、とは言え、とりあえず Windows VM が出来たのは出来たので、それはそれで良かったですが。


とりあえず、今日はそんな感じの事を午前中にしていました、という話でした、はい。

Windows 7 Pro で軽量 Windows VM 環境を作ったが微妙だった

と言う日記です。


今回作業して良かった所

  • とりあえず、最低限の見た目確保で使用メモリが 1GB 切れたのは良かった
  • Windows 7 Pro の ISO が MS からプロダクトキー入力で DL 出来たのも良かった
  • Windows 7 の今となってはの微妙さが確認できたのは良かった

何が微妙だったか

  • HiDPI への対応がしょぼい。文字が小さくてどうにも見辛い
  • Classic Theme で色々弄ってたけど、ダサさがどうしても拭えない
  • あと、インストールの度に Windows Update を当てるのが時間掛ってつらい

今後の予定

  • Windows 10 Pro で同様に色々削って使用メモリ軽量化出来ないか試す
  • 今回作った Windows 7 VM は破棄の予定
  • あと、仮に Windows VM 作っても使うかどうかが微妙

以上

今日はもう寝ます。はい。

Android 系デバイスで Linux を native に走らせる為の作業の流れ

について調べていて、今日ようやくその流れというか、全体の作業図が判ってきたので、 その辺り忘れない内にメモっておきます。


情報源

大体の流れ

  1. まずはファイル等のバックアップを取る
  2. 次に 該当端末の arch に有った rootfs を用意する
  3. そして該当端末用の Kernel を build して initramfs 等を用意
  4. さらに fastboot boot でテストしてから flush

あとは reboot すれば native に Linux が走るはず

で、なんでこんな事を調べてたのか

前々から、家に転がっていて活用出来てない Firefox Flame を改造して、 色々とオモチャに出来たらなーとか考えてたんですが、 これで遂に何をどう作業すれば良くなったか判った気がします。

ま、とりあえず今日の所はもう寝るんで作業はしないんですが、 また明日以降、時間が取れたら作業したいと思ってます、はい。