カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

不調

最近、どうも気候の変動が大きい影響か、調子が良かったり悪かったりする。


僕の場合、今現在うつ病の治療中で、色々と薬を飲んだりして安定を保ってるんだけど、 僕の鬱病の場合、元々の症状が季節性の抑鬱症状だった (ちなみにこれが色々あって悪化した) んで、 気候の変動をモロに受け易く、特に寒いとテキメンにダメだったりする。

あと、さらに言えば、僕は発達障害の影響なのか、体感温度の感覚が鈍い感じが若干あって、

なんか精神的に調子悪いなー

と思ってたら、実は寒かった影響だったり、逆に、

部屋の空気が籠ってきたなー

と思って部屋の外に出たら、今度は部屋が暖房などで温まりすぎてたり、と、 あんまりその辺りについて上手く調整出来てなかったりする。

そのため、基本的には冷えない方向で色々調整しているんだけど、 それもそれであんまりに暑いとやっぱり調子崩すので、 その辺り調整が難しいなぁ、と思っています。


まあ、それは兎も角、最近はなんか春だって言うのに、 気候が急に梅雨状態になったかと言えば、冬時の寒い気候に戻ったり、 と、気候の変動が目紛しいので、

もうちょっと穏やかな気候にならんかなー

とか思ったり思わなかったり。

あと、やっぱり抑鬱状態で思考を働かせられない状態だと、 色々と、こう、何かしらを作ろうかなーとか思った時に、これまた詰まるし、 もっと状態がアレだと詰った上で更にI色々な罠にハマったりするので、 その辺りもなんとかならんかなーと思っています。はい。

Archlinux で Nested Xorg で使う WM を JWM にしたら良い感じだった

と言う話。


僕は普段、メインの Archlinux 環境では、

bspwm + sxhkd

と言う組み合わせで Tiling Window Manager を使っています。

それで、基本的にはこの bspwm と sxhkd を組み合わせた環境で困る事は無いのですが、 時々上手く bspwm で上手いこと Window を 制御出来ないソフトウェアに遭遇する場合があり、 そう言う時は、今まで Nested Xorg Server で openbox を立ち上げて、ってしていました。

が、しかしながら、いかんせん task bar の類いを整備してなかったので、

Window を引っ込めると元に戻せない

と言う、割とアレな状態で、たまにしか使わない環境で追加の task bar とか…… と困ってたんですが、ここへ来て、試しに

  • JWM

と言う Window Mananger を使ってみたところ、

  1. Task bar がデフォルトで定義出来る
  2. ウィンドウはシンプルだけどカスタマイズ可能
  3. あとメモリとかのリソースに優しい

と言う感じで、結構良い印象でした。


それでまあ設定とかしていたら、もう寝る時間やんけってなってるのが今なんですが、 JWM は Windows 風な Window Snap も出来るっぽいし、あとタスクバーの類いも組込みで持ってるので、

軽量 Stack 型 Window Manager としては結構良いじゃんこれ!

っていう感じです。個人的には。

それと、僕の要件としては、とりあえず Xorg をネストさせて Stack 型の Window Manager + アプリケーションをシンプルに動かせたら良い、 って感じだったので、 機能的にも JWM で機能的に足り、また、設定ファイルも XML で判り易かったので、 その辺りも結構気に入ってます、はい。

ブログを毎日更新して 100 日目になった

なので、今日はその感想とか書いてみる。


個人的には思ったよりネタ切れしなかったな、と思うモノの、 こう言う記事を書いている時点でやっぱりネタ切れしているので、 毎日書けるネタがあるか、って言うと、やっぱり微妙な気がする。

ただ、ブログをとりあえず更新するか、ってなった時に、 肩肘張らずに他人とってはワリとどうでも良い事を気軽に書ける、 という状態に今このブログは成っているので、そう言った意味では、 気軽に更新出来る心積もりしておいて正解だったなーと感じています。

もっとも、このブログの更新がやっとで、他のブログには手がまわってない感じなので、 その辺りは改善しないとなーとは思ってます。


と言う事で今日は以上です。はい。

KVM/QEMU に Windows 10 Creators Update を入れたけど動かなかった話

あくまで、 2017年4月8日現在の話です。

何がどうダメだったのか

基本的に、

  • Windows 10 Pro 32bit with BIOS
  • Disk は Virtio の qcow2 with writeback
  • Microsoft の公式の ISO を落してきて Installer Disk として使用

と言う感じでインストールしてアップデートをかけて、という所までは出来たのですが、 その後、何かしらの virtio-win のドライバ一式を入れると、

起動時に BSoD になって起動できない (SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED)

という状態でした。

原因は?

で、個人的にはこれ、

virtio 側のドライバが未対応っぽい(?)

とかそんな気がしています。

なので、対応策が開発元から出るのを待つしかなさそう。

結論

とりあえず KVM/QEMU では、一個前の Windows 10 Pro を使っておきましょう。 ドライバの類いが対応されるまでは。

とりあえず Archlinux の GUI が復活した

昨日、再インストールした Archlinux での GUI (Xorg) が復活しますた。


僕の場合、 ソフトウェアのインストールを含むセットアップは、 dotfiles にインストールスクリプトを追加して行なっているのですが、 今回の Archliux の再インストールでは、それを行う前に、 色々とそのセットアップスクリプトを手入れしていたおかげで、 とりあえずコマンド一発で環境が復活しました。 まーでも全部が全部自動化した、って感じではないですけどね。特に linux kernel 周りとかは。

あと、今までの環境は復活出来たは良いけど、実際にはまだ色々と動かなくなってたり、 あるいは設定を詰められてない部分もあるので、その辺りはまた追い追いで設定して行こうかな、 とか思ってます。はい。


とりあえず、今日の所はそんな感じです、はい。