カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Mastodon について個人的に思う所

個人的には、Mastodon よりも OStatus Protocol を容易に実装するためのライブラリ群が欲しい。


つい先日、僕は、

the.nyarla.net

と言う記事を書いた割には、どこかの Mastodon Instance へのアカウント登録や、 あるいはどこかのサーバを使って、自前で Mastodon をホストして Toot 生活を始める気がないのだけれども、 これは何故か、と言うと、

  1. そもそも僕が SNS に向かない人間である (発達障害的に)
  2. Mastodon よりも OStatus Protocol の方に興味がある
  3. Mastodon のアカウントや Instance を維持する方が面倒

と言う辺りに理由がある。

それで、 (1) と (3) に関して言えば、これは、僕に発達障害やうつ病などの影響があり、 SNS に限らず人付き合いが不得手、と言う状態があるし、また、Instance の維持が面倒という問題に対しては、 OStatus Protocol 的には 自前 Hosting が良いけれども、金銭的にはあまり維持費を増やしたくなく、かつ、 Instance のメンテが面倒と言う感じなので、ま、個人的な問題というか、 色々な課題が難になって積極的になれない、と言う、僕個人の問題だったりする。

ただ、 (2) に関して言えば、僕はどっちかって言うと、この手の技術を見る度に、

自分の WebSites や Web Services に組込めると面白いだろうなー

と思うんだけど、得てしてこういう技術は特定の言語にしかライブラリが無かったり、 あるいはライブラリがあってもメンテが怪しい、と言った問題にブチ当たるので、 まあ、

あまり認知されてないけど良さげな技術

って、こう言う所がつらみだよね、って言う状態ですね。はい。


ちなみに、僕は OStatus Protocol を、例えば はてなブログ とかでサポートすると、

  • Twitter で ブログの更新通知をリアルタイムに出す

とか出来て良いだろうなーと思っているし、また、

Serverless な framework でこの手のコトが出来ると、お手軽に色々出来そう

な予感がしています。

ただ、やっぱりライブラリ等が、

うーん、これどれ使ったらええんや……

ってな感じになっているので、もうちょっと、こう OStatus Protocol を容易に実現出来る、 フレームワークなりライブラリなりがあると良いんだけどなーと思ってます。

ただまぁ、この辺り、

自分がやってもええんやで?

と言われる事は判ってるんだけれども、モチベーションの面や継続性と言う意味合いで、 僕がメンテナンスを続けるかスゲェ怪しいし、あと、基本的に僕は仕様を読み込んでコードに落し込む、 と言うのが、あんまり得意ではなく、また、長年プログラミングを続けているとは言え、 独学だけの実戦なしな状態で、技術力もそんなに大して高くないので、 まあ、僕はあんまりやる気ないなーと言う感じです。

と言うか、自分のやる気とか意欲、割と簡単にしぼむし、ちょっとした天候の匙加減がすごく精神状態に影響するので、 あんまり安定してコードが書けない、と言うのもあり、また、他人との交流にちょっとした難がある自分に取っては、 ライブラリ公開に付随するコミュニケーションへのコスト感が結構高いので、 その辺りもあんまりこの手のライブラリを作る側には回りたくないなー、と思ってしまう要因ですね。はい


と言うコトで、割と雑に Mastodon について個人的に思うところを書いてみました。

ま、 Mastodon も含め、 OStatus Protocol がもうちょと流行ってくれると良いよなぁ、 と僕は個人的に願っています。はい。

本日した作業

とりあえず、雑多に。


  • polybar を拡充した
    • 具体的には CPU使用率・メモリ使用量・接続中の ESSID・バッテリー状態、と言う感じ
    • これでかなり PC の状態が把握しやすくなったけど、一部不便なところは未だある
    • そのため、今後はもうちょっと今の状態を進化させる予定
  • qemu-user-static で aarch64-chroot 環境を試した
    • 結論から言えば、chroot する事自体は簡単だった
    • が、なんか qemu-user-static のバグで一部コマンドが動かなかった
    • とりあえず、これはまた今後調整出来たらする
  • linux kernel と nvidia driver を 最新のモノヘ上げた
    • linux kernel は linux-nvme をベースに 4.10.9 + acpi_rev_override を使える様にした版
    • nvidia driver は nvidia-utils や nvidia-dkms を 381.09 ベースの beta にした
    • あと linux kernel をビルドする際に、今回初めて modprobed-db を使った

と言う感じで、今日は上記の様な作業をしてた。

最近はなんか環境を弄ってる事が多くて、モノの開発とかはしてないんだけど、 もうそろそろその辺りなんとかしたい、と個人的には思っています。はい。

Archlinux 系で美しい日本語書体を得たい場合には、noto-fonts-cjk を使うのが手っ取り早い

という小ネタ。

タイトルで言いたいことは全部言った。


まあ、Linux や BSD 系のカーネル使ってる環境では、フォントであろうと自由に選択すれば良いんですが、 日本語に対応した自由なフォントってあんまり選択肢が無いし、あと、スッキリとした印象の明朝書体もあまり無い感じなんで、 そう言う選択肢が狭い中でも Noto Fonts CJK は良い感じだよ、って話です。

僕は Archlinux を普段使いの OS にしていて、 Noto Sans CJK の方は前々から使ってた感じなんですが、 以前は日本語での明朝体に相当するスラっとしたフォントが見付けられてなかった関係で、 Web ページなどでの明朝体が統一感が無くて残念な感じでした。

が、今は今月の4日に公開された Noto Serif CJK を含む CJK 書体が、 Archlinux 公式の noto-fonts-cjk パッケージで提供される様になったので、 今は CJK 書体の Serif 体も綺麗に表示出来ています。


あとはまあ、Noto Fonts 自体のライセンスが、確か SIL Open Font License 1.1 だったかになっているので、

  • 印刷媒体で利用したり
  • 電子書籍などに書体を組み込んだり
  • 同人媒体で利用したり

が出来たハズなので、そう言った用途でも Noto Fonts は使えるんじゃないかなー、と僕個人は思います。

はい。

(ただし、ライセンスの確認は各自できちんと行なって下さい)

Mastodon とは一体何者なのかを調べてみた

と言う話です。


最近、僕の観測範囲内で、

mastodon.social

が、

んー、なんかコレ、注目されてるっぽいなー

と言う事に気がついたので、色々と調べてみました。

なお、今のところ僕は Mastodon のアカウントを作ってはおらず、今回の調べた範囲では、主に、

Mastodon がどういう技術を使っているか

と言う辺りに限定された内容になっています。

Mastodon とは一体、何なのか

まず、 Mastodon 自体のソースコードは、

github.com

で公開されていて、ライセンスを読むと、

で提供されている事が判ります。

そしてソースコードを読む範囲内では、

Mastodon は Ruby on Rails で構成されている

っぽいです。

それで、

じゃあ Mastodon は OSS (AGPLv3) な Twitter ライクなクローン?

と思いきや、実際には (たぶん) 相当に違っていて、これはどうも、 オフィシャルのリポジトリの Description にあるように、

A GNU Social-compatible microblogging server

である様です。

そして、ここで注目すべきポイントとしては、

GNU Social-compatible

辺りだろう、とアタリを付けて調べたんですが、ぶっちゃけ、この、

GNU Social ってなんやねん?

っていうと、これは、

OStatus プロトコルを喋る GNU ソフトウェアの名称

らしい、と言うのが判りました。

で、この OStatus というのが何か、と調べていったら、これはどうも、

Twitter-like な Microblogging を分散実装するためのプロトコル規格

で、主に W3C がメンテしているっぽいです。

つまり、ココまでの話をまとめると、

  • Mastodon は GNU Social と互換がある (≒ OStatus プロトコルを喋る) Web App 実装である
  • 言語とフレームワークには Ruby on Rails を用い、ライセンスは AGPLv3
  • そして OStatus とは Twitter-like な分散マイクロブログ環境の為のプロトコルである

という感じです。

つまり、どういうコトなの……?

つまり、Mastodon を一言で言うと、

Mastodon は、 分散した Twitter っぽいコトを実現するためのプロトコル を満した、オープンソースの一実装

である、と言えるかと思います。

そして、 先の一言まとめの、

分散した Twitter っぽいコトを実現するためのプロトコル

が、実際には、

OStatus という標準規格が云々

と言う話なので、この辺りさえ押さえておけば、Mastodon の互換クライアントも作れるだろうし、 また、Mastodon とは違った、別の特徴を持つ OStatus 互換サービスも開発出来るだろう、と思われます。

以上

つまるところ、Mastodon という実装が喋るプロトコル自体は、あくまで OStatus などの標準規格 に沿って作られたモノであり、 あとの残りの利便性に関わる部分についてを、 Mastodon がオリジナルに実装した、と言う感じじゃないかなーと僕は思っています。

無論、今回の調べた範囲では、全部が全部調べ切れたワケではないので、 不正確な部分もあるかと思いますが、大体はそんな感じだと思います。

ま、これを RSS / Atom Reader という文脈に例えると、

  • Feedly 等のプロプライエタリなサービスが Twitter
  • RSS / Atom と言った標準規格が OStatus
  • そして数ある標準規格に沿った実装の一つが Mastodon

という感じじゃないかな、と思います。はい。


ちなみに。

技術的には上記の感じっぽかったのですが、日本で話題になりだしたのがここ最近の話で、 なんでこれが話題になりだしたのか、については、僕はイマイチ良く判ってません。

また、

Mastodon 自体が Twitter に取って代わるか

と言う話の振り方は、多分、微妙に焦点がズレていて、正確には、

Mastodon を含むOStatus 実装群Twitter を超えられるか

と言う部分が本来の焦点じゃないかなぁ……(?) と僕は思います。

まあ、僕自身は Mastodon 自体への興味はあんまり無い感じですが、

分散 Web サービスを実現するためのプロトコル

には興味が前々からあるので、今回初めて知った OStatus と言った標準規格については、 後で興味が続けば調べてみようかな、と考えています。はい。

相変わらず不調

だったのだが、一応は復活してきた。

もう寝る時間だったけど。


今日はなんか昨日からの不調の続きで、あんまり日常の活動が出来ず、 割と寝てるか混迷起して固まってるかの二択な感じだったんですが、 とりあえず、この寝る時間前の、今現在、ようやく復活してきました。

が、やっぱりもう寝る時間で、今そこそこには眠く、 気を抜くと寝そうな感じなので、とりあえず今日はもう寝ます。


と言う事で、寝ます。はい。