読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

プロフィールアイコン

にゃるらコト岡村 直樹

プロフィール

1988 年 2月 28 日生まれ。『輝かしい青春』なんてなかった 28 歳 (2016年現在)

地元の進学校に通学していた 2003 年の夏休みが終わる頃に、特段の理由もなく精神的に不安定になり、その後、不登校となる。

そして、その不登校の克服のために、心療内科への受診や、あるいは、不登校や出社拒否などを専門に扱う医院での集団生活を行うなどをして、なんとか高校二年生に上がったものの、その後においても精神面での不安定さは解消されることが無く、結果として不登校が再発、そして、その時を前後して精神疾患の存在を疑われ、結果として統合失調症の疑い、と診断される。

また、病名が診断された時を前後して、進学校を一旦、自主退学し、別の定時制高校に入学し直したり、その数年後に在籍を定時制から通信制へ転籍するなどを行なったものの、精神面での不安定さから再び不登校となり、最終的には通信制高校を自主退学した、という結果に至る。

なお、高校自主退学後の数年後ののちにおいて、当時、診察を受けていた医院の担当医から、自宅から通える範囲でのリハビリテーションプログラム (デイケア) へ参加を進めれ、自分でデイケアプログラムを探し、そのデイケアプログラムに参加し始めた事を切っ掛けとして、自身の病状もやや回復基調となり、一時期はデイケアプログラムに週三日ほど通える程となった。

ただ、しかしながら、その後、その当時の様々な要因が重なった結果、家族を支えていた母が倒れ、その影響も有ってか、当時、季節性のうつ症状だと思われていた症状が、定型うつに深化し、その後も、病気療養が続いているのが現状である。

なお、それより後の診察で、実は、自分には軽度ながらも発達障害 (自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群) の特徴が有る事が判明し、自身の特徴について自分自身が把握出来るになり、また、その後の病状悪化で通えなくなっていたデイケアプログラムを半日のショートケアプログラムに切り替えるなどした結果、精神的な状態も回復基調となり、2016 年 10 月現在、基本的には心穏かに過ごせるまでには回復している。

現在の病状・受けている公的支援

2016年10月現在の、病名、障害名は下記の通り:

  • 自閉症スペクトラム (発達障害・アスペルガー症候群) (ごく軽度)
  • 統合失調症 (寛解状態 - 正しく服薬していれば、症状が無い状態)
  • 定型うつ (それなり抗鬱薬は服薬しているものの、現在は安定基調)

また、上記病状などを理由として、下記の公的支援を受けている:

  • 精神障害者保険福祉手帳 - 二級
  • 自立支援医療制度 - 重度かつ継続
  • 障害基礎年金 - 二級

なお、これとは別に、

  • 性自認のゆらぎ

も存在しており、一時期は性自認の混乱等も有ったが、基本的に、この性自認のゆらぎは、精神的に不安定な時に起き易く、また、精神的に安定していれば、特に問題は起きなという事が判明したため、GID 専門医の診察等を受けるまでには至っていない。

所有スキル・経験等

2016 年現在、使用可能なスキルは下記の通り:

  • プログラミング (歴10年)
    • Perl 5 - 最初に習得した言語。最近は触ってない
    • Perl 6 - 一時期触ってた程度
    • Python - 2.x 系 と 3.x 系が有る、と判る程度
    • Ruby - なんとなしには書ける
    • PHP - なんとなくには書ける
    • JavaScript - 普通に書ける
    • ESNext - 普通に書いてる
    • CoffeeScript - 最早忘れてしまった
    • TypeScript - ちょっとだけは書ける
    • JSX (DeNA) - その昔、少しだけ書いた記憶
    • Go (Google) - 一時期書きまくってた
    • HTML5 - 普通に書ける
    • CSS3 - アニメーションとかしなければ書ける
    • Markdown - 普段から書いてる
  • 文章執筆 (歴10年)
    • ブログ執筆であれば、2時間で 400字詰め現行 8 - 11 枚程度は書ける
    • 小説については面と向き合って書くまでには至っていない
    • 基本的にはタッチタイピングが出来る。Qwerty キーボード使い
    • それと、Input Method は SKK 系列を普段使っている
  • PC の操作 (歴10年以上)
    • Windows は XP, 7, 8, 8.1, 10 と経験
    • Mac は Lion から始まり macOS Sierra まで経験
    • Linux は Ubuntu, Linux Mint, Debian, Archlinux, Apline Linux 辺りまで触った
    • ちなみに好きな Window Manager は Tiling Window Manager です

学歴・経歴

  • 2000年 (平成12年) 3月
    • 地元の小学校を卒業、そして地元の中学へ入学
  • 2003年 (平成15年) 3月
    • 地元の中学校を卒業、そして地元の進学校へ入学
  • 2003年 (平成15年) 9月
    • 何故か精神的に不安定になり、不登校になる
  • 2004年 (平成16年) 4月
    • なんとか二年生へ進学。この際集団生活とか色々試した
  • 2004年 (平成16年) 中旬
    • 病状悪化。ここで初めて統合失調症を疑われる
  • 2004年 (平成16年) 後期
    • 事態を打破すべく、進学校を自主退学し、定時制高校へ再入学
  • 2005年 (平成17年) 年度
    • 病状が安定せず再び不登校に
  • 2006年 (平成18年) 後期
    • 事態を打破すべく、同定時制高校に合併編入された通信制へ転科
  • 2007年 (平成19年) 4月
    • 再び不登校に
  • 2008年 (平成20年) 後期
    • 不登校を克服できず、通信制高校を自主退学
  • 2009年 (平成21年) 10月
    • 当時の主治医からデイケアの利用を提案され、別の病院のデイケアに通うように
  • 2012年 (平成24年) 3月
    • 主治医をデイケアに通っていた心療内科のドクターに変更。治療を積極的に行う
  • 2012年 (平成24年) 3月
    • 母が心労で倒れる。その影響で季節性のうつ症状が定型うつに深化
  • 2013年 (平成25年) 前期
    • 鬱悪化。デイケアに通う事すら困難に。
  • 2013年 (平成25年) 11月
    • ようやく持ち直し、あと、それなりにやせる
  • 2014年 (平成26年) 2月
    • 社会復帰に向けて少しずつ動き出す。が、なぜかその前後で鬱悪化
  • 2014年 (平成26年) 3月
    • 中盤から後半にかけて、なんとか症状が改善する。ただし家に引きこもってる
  • 2014年 (平成26年) 4月
    • ようやく日常生活が普通に送れるぐらいになる
  • 2014年 (平成26年) 5月
    • 月末に父方の祖母が亡くなる。その影響か、体調が下り気味に
  • 2014年 (平成26年) 6月
    • あまりにも体調が浮上してこないので、抗鬱薬を増やしてもらった
  • 2014年 (平成26年) 7月
    • 時々昏迷や亜昏迷を起こしつつも、それなりに生活が遣って行けるようになる
  • 2015年 (平成27年) 2月
    • ここで初めて発達障害 (アルペルガー等) の可能性を指摘される
  • 2015年 (平成27年) 8月
    • YAPC::Asia 2015 へ参加。最初で最後のYAPC だった
  • 2015年 (平成27年) 12月
    • 例年に比べ、体調の悪化の程度は軽かった
  • 2016年 (平成28年) 1月
    • 年末から年初めにかけて、ウィルス性の結膜炎に家族全員が掛った。大変だった
  • 2016年 (平成28年) 4月
    • 季節の変り目で体調を崩す。ぶっちゃけ体調が良ろしくない
  • 2016年 (平成28年) 10 月
    • 例年に比べ、精神面の不安定さが減り、心穏やかに過せるようになった

活動の拠点

ブログ

開発

Twitter

連絡先

なお、僕個人への連絡への返答については、なるべくは答えるようにしていますが、 その時々の体調や、あるいは、返答への困難さ度合いによっては、 何らかの返答を行なわない場合も有りますので、その点は予めご了承下さい。

また、以前はまれにリクルートメールを送って来られる方がいらっしゃいましたが、 現状、こちらの状態としては、まだまだ就労に就ける状態ではなく、 その手の連絡には基本的に返信しておりませんので、それ点もご了承ください。