カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Blosxom Plugin : recent_awsxom

recent_awsxomはあまなつAdRSSのように、 最近のISBN/ASINの表示をBlosxomでもできないかと思って作ったプラグイン。

はっきりいって手抜き。

Download

recent_awsxom_v2006-08-15

ダウンロードしたらrecent_awsxomにリネームしてください。

下準備

このプラグインはawsxom が必要です。 というかawsxomプラグインの補助のようなものなので、awsxomプラグインが導入してないと何も始まりません。 awsxomプラグインを各自導入してください。

あとこれは重要なんですが awsxomプラグインよりも先に読み込まれるようにして下さい。

このプラグインは文字列を出力しているだけで、展開はawsxomプラグインに投げてます。 なのでawsxomプラグインよりも後に読み込まれると、単に文字列が出力されるだけになってしまいます。

設定

  • $awsxom_cache_dir
    • awsxomプラグインのキャッシュディレクトリを指定してください
    • これを指定していないと動きません。
  • `$default_template
    • recent_awsxomプラグイン側で指定するデフォルトのテンプレートを指定してください
    • これが空だとawsxomプラグイン側のデフォルトのテンプレートが使用されます。
  • $items_num
    • 最近のISBN/ASINの表示数を指定。

使用方法

フレーバー内で $recent_awsxom::テンプレート の様に指定します。

例えば、list と言うテンプレートを指定したい場合、

$recent_awsxom::list

のように指定します。で、それが

ASIN:XXXXXXXXXX:list:
ASIN:XXXXXXXXXX:list:
ASIN:XXXXXXXXXX:list:
ASIN:XXXXXXXXXX:list:

のようにawsxomプラグインで展開できる文字列が出力されます。 ちなみに例ではコロンが全角になってますが、エスケープできないためそうなっているのであって、 実際には半角で出力されます。

そしてこの後、出力された文字列が、awsxomプラグインによって展開されます。

なお、デフォルトのテンプレートを指定したい場合、

$recent_awsxom

のようにすることで、デフォルトのテンプレートが使用されます。

注意

このプラグインはawsxomプラグインのキャッシュが空だと機能しません。

あと変数は自前で展開しているので他のプラグインでは使えません。

バグ/要望等

バグや要望があればコメントなりトラックバックなりメールなりでお知らせください。

ライセンス

このプラグインはパブリック・ドメインです。 自由に改造/再配布できます。

あとはもう知りません。

おまけ

ちなみにこのプラグイン作っただけでまだ導入してません。 そのうち入れますが。

追記 (2006-08-15T17:26:00+09:00)

サイドバーに最近のアイテムとして表示してみた。