カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Subversionをさくらインターネットにインストール

概要: Subversion1.4.0を入れるメモ。


前提

さくらインターネットのスタンダードプランで、 シェルはデフォルトのものを使用。telnetでログインして作業をした。

ちなみにtracは使うつもりが無かったので、Python bind は入れてない。 変わりにPerl bind を入れた。

参考にしたもの

  • ttp://weekbuild.sakura.ne.jp/trac/wiki/TracDoc/SakuraInternet
  • ttp://atty.skr.jp/sakura_log.html

ディレクトリを作成/環境変数を設定

mkdir -p $HOME/local/src
setenv PATH $HOME/local/bin:$PATH
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib

SWIGをインストール

cd $HOME/local/src
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.29.tar.gz
tar zxvf swig-1.3.29.tar.gz
cd ./swig-1.3.29
./configure --prefix=$HOME/local --with-python=/usr/local/bin/python
make
make install

Apache Portable Runtime(APR) 1.2.7をインストール

cd $HOME/local/src
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-1.2.7.tar.gz
tar zxvf apr-1.2.7.tar.gz
cd ./apr-1.2.7
./configure --prefix=$HOME/local --disable-static
make
make install

APR-util 1.2.7をインストール

cd $HOME/local/src
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-util-1.2.7.tar.gz
tar zxvf apr-util-1.2.7.tar.gz
cd ./apr-util-1.2.7
./configure --prefix=$HOME/local --with-apr=$HOME/local --with-expat=/usr/local --with-iconv=/usr/local --disable-static
make
make install

Subversionをインストール

cd $HOME/local/src
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.0.tar.gz
tar zxvf subversion-1.4.0.tar.gz
cd ./subversion-1.4.0
./configure --prefix=$HOME/local --with-neon=$HOME/local --without-berkeley-db --enable-swig-bindings=perl --with-swig=$HOME/local/bin/swig --with-apr=$HOME/local/bin/apr-1-config --with-apr-util=$HOME/local/bin/apu-1-config --disable-static
make
make install

make installする前に、

  • ./subversion-1.4.0/subversion/svnsync/svnsync.1

  • ./subversion-1.4.0/subversion/svnversion

にコピーすること。 そうしないとmake installがこける。最初それで詰まった。

そのあと、

make swig-pl
make check-swig-pl
make install-swig-pl

しようとしたんだけど、どうも共有領域に入れようとしてるらしく、 パーミッションがねーよといって怒られる。

なのでmake install-swig-plせずに、

cd $HOME/local/src/subversion-1.4.0/subversion/bindings/swig/perl/native
perl MakefilePL LIB=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1 INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3
make
make install

して自力で突っ込んだ。SVN::Webのテストしてみたところ、 SubversionのPerl bind入ってねーよとは言われなかったので、 多分大丈夫だろうと思う。

環境変数を追加

set path = ( [中略] $HOME/bin $HOME/local/bin)
[中略]
setenv  PERL5LIB    ~/perl/lib
setenv  LD_LIBRARY_PATH ~/local/lib

こんな感じで追加する。 [中略]となっているところは実際には色々と書かれているので[中略]とは書いてはいけない。

感想

2時間半ぐらいかかりました。 あとまだ実際に動かしてないので、ちゃんと入っているかどうか不明。 多分大丈夫だと思うけど。

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)