カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

JavascriptでCSSセレクタを使って要素を選択するライブラリ(書きかけ)

HDDあさってたらなんか出てきました。


CSSセレクタでHTML要素を選択するやつが出てきました。 HDDの中で腐らせておくのはもったいないので、書きかけですが公開しておきます。

selector.js

CSSセレクタで要素を選択するやつはいくつかすでにあるんですが、 実装が中途半端だったり(behaviour.js)、他のライブラリまで読み込まなきゃならなかったり(prototype.js)、 ライセンスに気を配らなきゃならなかったり(cssQuery)で使いやすいのがないので、じゃあ自分で作ってしまえ ということで作り始めた代物だと思います。たぶん。

使い方は、

var elements = document.getElementsBySelector('div#main > p');

こんな感じです。細かいことはコード読んでください。ライセンスはMIT-Licenseです。

後々JSANから利用できるようにしたい思ってますが、今のところコレをどうこうするつもりがないので、 誰か適当に煮るなり焼くなりして欲しいです。ってか名前空間を決めないといけないのと、 JSANモジュールの作り方がよく分かってない、そもそもJSAN自体よく分かってないので、絶賛放置中です。

コード見れば大体分かると思いますので、どうぞ改造してください。