カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Plaggerをスマートに自力でインストールする方法

Plaggerをもっとも効率よくインストールする方法を自分なりにまとめてみる。


Plaggerを突っ込む場合、CPANでinstall Plaggerするのは時間がかかるし、 何か問題があった場合、色々対処しにくい。なので、 自力でインストールする際にどうやったら効率よくスマートにできるか個人的にまとめてみる。

前提

前提として、

  • CPAN
  • Subversion

が使えるようにしておく。さくらインターネットのスタンダードならどっちも使えるようにできる。 あとさくらインターネットみたいにレンタルサーバの場合、

  • Perlモジュールをインストールしたディレクトリ(PERL5LIB)
  • Subvesionをインストールしたディレクトリ(/home/username/local/bin等)

にパスを通して利用できるようにしておく。

外部ライブラリ

一部のモジュールに必要な外部ライブラリは、

  • expat
  • openssl
  • libxml2

あたり。(抜けてたら指摘してください)

外部ライブラリが入っているかどうか、バージョンがあっているかどうか、 調べておくとよさげ。

CPANモジュールのインストール

  1. otsuneさんのところにあるリストを参考にモジュールを入れる。(ただし、最新ではないので抜けてるのがあるのと、一部::がハイフン-になっているので注意)
  2. CPANでtest Plaggerをする
  3. どのモジュールを入れるかどうか聞いてくるので、一通り答える
  4. 答え終わったら、インストールするモジュール一覧が出てくるので、そのモジュールをメモ
  5. Ctrl + ctest Plaggerを強制キャンセル
  6. 念のためCPANを再起動
  7. メモったモジュールをインストール
  8. 入れ終わったらtest Plaggerをして、テストが通るかどうか確認する

Plaggerをとってくる

Subversionを使って、Plaggerのtrunkをとってくる。

$ svn co http://svn.bulknews.net/repos/plagger/trunk/plagger

チェックアウトするローカル側のディレクトリとかは任意で。あとは好みで、 チェックアウトしたディレクトリにあるPlaggerの実行ファイル(plagger)をパスが通ったディレクトリに配置する。

そのとき、チェックアウトしたPlaggerのモジュールを読み込むようにしておく。 そうしないと、実行ファイルがPlaggerの本体を見つけられない。

で一通り終わったら、

plagger -v

入力して、きちんと動作するか確認する。 きちんと動作したなら、あとは 「それPla」なり「だれPla」みたいな Plaggerの世界を楽しめます。

ちなみに

昨日あたりにPlagger入れ終わりました。そのとき

  • Config::INI::Simple
  • SWF::Builder

が入らなかった。 Config::INI::Simpleの 方はPerlのバージョンが古くて入らなかっただけなんだけど、 SWF::Builder の方は何故かテストがこける。環境はcoLinux0.6.4 + CentOS4.4。

何が原因なんだろうか?