カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Fedora Core 6に乗り換えた

概要: coLinux + CentOS4.4からcoLinux + Fedora Core 6に乗り換えた。


今までcoLinux + CentOS4.4でごにょごにょしていたんだけど、 最新のパッケージ使いたい!とか思ったときに、色々と面倒だったので、 coLinux + Fedora Core 6に乗り換えた。

以下今後参考するためのメモ。

coLinuxのイメージをQEMU使って作る方法はcoLinuxのWikiの、 Fedora6のインストールについてのページ を参考にやっていけば問題なくできる。

流れとしては、

  1. 空のイメージを作成
  2. QEMUでインストール
  3. QEMUのイメージをddでcoLinuxのイメージに変換

と言う感じ。

ポイントとしてはQEMUでインストールするときにKQEMU使うことと、 ddのWindows版をどこかから調達することぐらい。

KQEMU使わないとしゃれにならないほど時間がかかるので注意。 KQEMU使わなかったときGUIインストールできなかったんだけど、 KQEMU使ったら何故かGUIインストールできた。

あと、GUIでインストールするときは言語を英語にしておいた方がいい。 あとで、coLinuxを起動するときに色々文字化けする。

で、Fedora Core 6をcoLinuxで動かす場合、coLinuxのバージョンが0.6.4だと、 カーネルが古いとかなんとかで問題があるらしいいので、開発版の0.8.0を使うようにする。 0.8.0は設定ファイルがXMLではないのでちょっと戸惑ったんだけど特に問題なく設定。

さあそして起動、してみたものの途中で止まった。ランレベル5で起動していたので、 グラフィック関係で止まったものと判断、ランレベルを3にしてようやく起動。

このとき、何かのメッセージが出たんだけど、言語を日本語にしていたせいで、 思いっきり文字化けして、解読不能だった。

あとはネットワークの設定とyum -y updateをして使えるようにする。

ここで作業は終了。QEMUでのインストールに3時間半、QEMU->coLinuxへの変換に20分、 yum -y updateに50分、その他色々やって合計5時間弱かかったので、 時間に余裕があるときに作業をやった方がいい。

ちなみに、coLinux用インストーラーのQEMU版 最初に使ったんだけど、何故か動かなかったため、自力でインストール。 Linuxのインストールに慣れてる人や、インストールの仕方を勉強したい人は、 QEMU使ってやったほうがいいかも。

あとはGUIをVNCとかFreeNXとかXmimg使って何とかする。Xmimngはマルチウインドウモードが早いらしい。

とりあえずこんな感じ。作業するのに二日かかりました。