カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Xmingに関するメモ

概要: Xmingについて色々とメモるよ。


XmingというMinGWで実装させたGPLのX serverをここ最近試していた。 で、最初色々とはまっていたので、はまらないようにするメモ。

Xmingではまりそうなのは、

  • Multiple Window
  • ランレベル

あたり。

まずMultiple Windowっていうのは、Linux上のアプリケーションをLinuxから引っこ抜いてきて、 Windows上から操作する、と言う感じの代物。

使うイメージとしては、puttyから各GUIアプリケーションを起動する、と言う感じ。 あと、GnomeとかKDEとかの統合デスクトップ環境はうまいこと動かない。 無理やり起動できないことも無いんだけど、使い物にならないだけなので、 Gnomeとかを起動する意味はない。

Window Manager(Xfceとかfluxbox)が動くのかどうかはは不明。

次にランレベルの設定なんだけど、これはつなぐ方法によって変わってくる。 puttyやssh経由でつなぐ場合はランレベル3で問題ないんだけど、 XDMPCでつなぐときは、ランレベル5にする必要がある。

あとファイアーウォールの設定をしないとXDMPCではつなげないので、 そのあたりcoLinuxでやるのはやや面倒。

まあ、Xming(One Window) + puttyでつないでファイアーウォールの設定を変更、 そのあとランレベルを5にして起動、とすれば設定できなくは無いんだけど。

あと、coLinuxでランレベル5にすると、場合によってはcoLinuxがハングしたり、 WindowsもとごとcoLinuxが落ちる可能性がないとは言い切れないので、そのあたり注意。 Xvfb使えば問題なく動くのかどうかは不明。

クリップボードが共有できたり、カーソルがシームレスに動かせたりするので、 かなり便利、つか面白い。 coLinuxで使うときは、putty(ターミナル) + Multiple Window(GUI)で使うのがベターだと思う。

あとは、開発環境を整えなければ。