カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

DeramHostはSubversionが使える

概要: 最近ちょっと話題のDreamHostについて調べてみた。


最近、というかそれなりに前からBlogで話題になっていたDereamHost について調べてみた。

DreamHostのプランについてはhttp://www.dreamhost.com/hosting.htmlで確認できる。

それによると、Subversionがデフォルトで入っていて、しかもmod_dav_svnも入っているらしい。 つまりさくらインターネットでちまちまとSubversion突っ込むこと無しに、 Subversionのリポジトリ作って、公開することができる。

あとよく見るとWebDAVも使えるようになってたりする。 まあ、これはmod_dav_svn使えるから当たり前なんだけど。(mod_dav_svnはWebDAV使える必要がある)

あと容量が185GBだったり転送量が1.85TBだったりで、日本のレンタルサーバと比べると、 かなりスペックが違う。

これで値段が二年契約で月$7.95、日本円に直すと約960円なのでかなり安い。

が、実際のところ早いか重いかはよくわからない。 試しに一ヶ月契約して使ってみて、よかったら一年か二年で契約するのがいいかも。

あとDereamHostは英語圏の会社なので、当然サイトの内容すべてが英語だったりする。 もっとも、プログラミングやってる人間であれば英語の仕様書ぐらい読めるはずなので、 特に問題にならないかも。とか言いつつあんまり得意じゃない自分。

あとで支払いがどうなっているのか調べる。