カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Subversionで設定ファイルを管理するためのメモ。

概要: Subversionで設定ファイルを管理するためのごにょごにょ。


linux、UNIX系って大体HOME以下に設定ファイルができるんだけど、 そのままではSubversionで管理しずれーと言うことで解決策を考えてみるメモ。

  1. ~/.settingsとか作る
  2. Application毎にディレクトリつくる(例: ~/.settings/vim7)
  3. 設定ファイル/ディレクトリをApplication毎のディレクトリに移動
  4. 設定があった場所からApplication毎のファイル/ディレクトリへシンボリックリンク張る
  5. あとで楽できるようにシンボリックリンク張るshスクリプト書いとく。

こんな感じなら多少設定ファイルの管理がSubversionでやりやすくなるかも。 シンボリックリンク便利だ。

あとでcoLinuxのFedora coreの設定ファイルの場所移そう。