カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

yumとかppm等でPlaggerを入れる場合のごにょごにょ

概要: yumとかppmでPlaggerを入れる場合のassetの罠の回避法を考える。


Plaggerを使いたい場合、CPANで必要なモジュール入れてSubversionで最新trunkをチェックアウト、 ってするよりppm/yum/ports/aptで入れる方が楽だったりする。

が、ppm/yum/ports/apt使って入れた場合(あるいはCPANでinstall Plaggerした場合)、 assetの罠があったりする。 なので、そのassetの罠の回避法を考えてみる。

んで、結論から言うと、

  1. パッケージマネージャ(ppm/yum/ports/apt)でPlaggerをインストール
  2. いったんPlagger本体を削除 (例えばyum remove perl-Plagger)
  3. SubversionでPlaggerをチェックアウト

ってすれば問題ないんじゃないかと思う。

こうすればPlaggerを動作させるのに必要なモジュールは(たぶん)全部入るし、 SubversionでPlagger本体をチェックアウトしてるから、assetの罠を回避できる。

ただ、実際に実行してないためちゃんとできるかどうかあやしい。 なんか問題/間違いがあればコメントで知らせてください。

っていうかこの方法、すでに誰かが思いついてるような気がする。