カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

VMware ServerとcoLinuxとCygwinの比較

概要: VMware ServerとcoLinuxとCygwinのメリット/デメリット。


Windowsで用意できるUnix系の環境であるVMware Server、coLinux、 Cygwinを一通り使ってみた感想というかまとめをしてみる。

VMware Server

PCエミュレーター。Linux以外にもUnix系OS、Windowsすら動かせる。

メリット

  • Linux以外のOSを動かせる
  • イメージの作成が簡単
  • OSの実行マシンと操作するマシンを別々にできる
  • リソースの許す限りいくつものOSを動かすことができる

デメリット

  • マシンスペックが無いときつい
  • 使うために個人情報登録することになる

coLinux

Windowsで動くLinuxカーネル。QEMU使ってイメージ作ることで大抵のlinux環境は用意できる

メリット

  • Windowsのディレクトリをマウントすることができる(cofs)
  • HDDの実パーティションのLinuxを動かせる
  • Windowsのサービスとして登録可能

デメリット

  • ネットワーク関係の設定が難しい
  • 今の所GUI関係が弱い
  • coLinux単体ではイメージが作りにくい
  • マシンスペックないときつい

Cygwin

Windowsに移植されたUnixツール群。Windows用のUnixライクなインターフェイス。

メリット

  • WindowsでUnixツールが使える
  • WindowsをUnixライクに操作できる
  • 各ツールはcygwin1.dllがあれば単独で使うことができる

デメリット

  • 環境変数がWindowsと混ざる
  • Windowsの呪縛からは解き放たれない

まとめ

大体一通使っただけであって、使い込んだわけでは無いので、 メリット/デメリットは正確じゃないかもしれない。

で、一通り使ってみて思ったのは、開発環境として独立した環境を用意したいのならVMware Server、 速さを求めるならcoLinux、WindowsをUnixライクに操作したいならCygwinっていう感じだと思う。

VMware ServerとcoLinuxの速度についてはcoLinuxの方が若干早いかな?っていうぐらい。 ぶっちゃけあんまり変わらない。coLinuxにしろVMware Serverにしろメモリは1GBぐらいないときつい。 512MBで動かしても快適に動きません。

機能としてはcoLinuxよりVMware Serverの方が上なので、 初めて使うっていう場合、VMware Serverの方がいいかもしれない。

Cygwinに関してはWindowsをUnixライクに操作したい場合か、Unix系のツールをWindowsでも動かしたい、 っていうときに便利だと思う。けどUnix系の開発環境が欲しいという場合には、微妙かもしれない。

オススメ度としては、

VMware Server >= coLinux >> Cygwin

と言う感じ。

正直VMware Server使いたいんだけどマシンが3年前のPCでスペック不足なんで、 快適な開発環境は手に入れられてなかったりする。もっともツールさえそろえれば、Windowsでもなんとかなるけど、 一部のPerlモジュールとかライブラリとかその辺が使えなかったりしてなんともできないので微妙だけど。

とはいいつつも今月中には新しいPCを買う予定。部屋片付けないと。