カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Winnyの合法利用が机上の空論?

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」経由で知った記事、 Winnyの合法利用説は「机上の空論」、ACCSが利用停止呼びかけで提示されているACCSの主張について。

落合弁護士も指摘してるけど、「机上の空論」と決めるけるのは問題あるだろう。Winnyの利用者の大半が違法利用という状態を踏まえたうえで、「机上の空論」といってるんだろうけど、それをいうのなら、あらゆるソフトウェアでも違法利用が大半となれば合法利用は「机上の空論」ということになる。最初から合法利用目的で作られたもの、ぶっちゃけ、HTTP ServerとかWeb Browserとかでも違法利用が大半となれば、その理論が成り立ってしまう。

裁判でもWinny自体が違法とは確定してなかったはず。もっともWinnyネットワーク自体が危険物と言う意見には異論は無いけど。

あと「Winny自体は違法じゃないけど、利用者の大半が違法利用だから作者は有罪」っていう判決出てたと思ったけど、この判決は非常にマズい。

ソフトウェア開発が萎縮すると言う意見もあるけど、ソフトウェアの違法利用が大半になってると判断されれは、作成元は逮捕されるってことなる。

このあたりどういう判決が出れば問題ないか、と言う意見は高木浩光さんの日記に書いてあったような記憶があるけど、どこだったか見つけられない。

まあWinny問題はややこしいのでここまで。