カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

AutoPagerizeを導入した。

概要: GreaseMonkeyScriptのAutoPagerizeを導入した。


Tumblrのdashborad見るのに nextクリックはめんどくせーと言うことで導入したんだけど、これがやばい。

ページ一番したまでスクロールすると自動的に次のページ読み込んで、 現在のページに継ぎ足して行くんだけど、これが便利するぎる。

あ、AutoPagerizeについてはhttp://userscripts.org/scripts/show/8551を参照。

で、AutoPagerizeはSITE_INFOを定義していくんだけど、これを定義するのに、

あたりが便利。

FirebugのDOM InspectorでnextLinkとかpageElementとかをInspectしてXPathをコピー、 XPath Finderで実際にその要素が選択されるか確認とするとかなり簡単にできる。

あと(X)HTMLが正しく構造化されているサイトは定義しやすいんだけど、 物凄い変な構造してるサイトだとスゲーやりづらい。 まあXPathが強力なので、そうは難しくはないけど。

ちなみにこのBlogのSITE_INFOの定義はこんなの。 完全じゃないので、おかしいこともあるかも知れないけど。

{
    url:            'http://nyarla.net/blog/',
    nextLink:       '//a[@rel="next"]',
    insertBefore:   'id("contents")/comment()[last()]',
    pageElement:    'id("contents")/*',
},

今のところ色んなサイトのSITE_INFOを定義してるんだけど、これが面白い。 まあ、ドメインの移管がひと段落したら、色々と公開するかも。

追記

定義を修正。