カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

商業誌では事実上の検閲が行われているらしい

妄想界の住人は生きている。: 今、かなりヤバイことになっているようです。

行政による表現規制がヒステリックな状況らしくて。 一方的にこうしろああしろということで規制してきて、反論は一切許されない。 逆らえば潰される(流通に乗れない状況にさせられる)。 実際潰された雑誌もあるとか。

それを決めるのは描く側や雑誌を作る側や読む側でもなく、規制する方々で。 ありがたくもその方々のお許しを賜ったものだけが、市場に娯楽として供給されるという。

コレ読んで、まあ、「青少年を有害な表現から守る」なんて建前で、本音は気に入らない表現を潰したいんじゃないかと、そう思った。

リンク先の状況見てみると現時点でも作家の国民の権利、表現の自由と言論の自由は侵害されていると考えられる。

あんまり酷いようであれば、裁判で違憲を主張した方がいいと思うんだけど、報復的に規制しそうだよなぁという感じも受ける。

今のところ、商業誌のアダルト表現に収まってるみたいだけど、これが、アダルトゲーム、一般誌、同人と広がっていって、新書とか政治的意見のものに飛び火すれば、見事に言論弾圧になる。

つーか、アダルトだろうかなんだろうか、規制=表現の自由の侵害ってわかってやってるのか、コレ。