カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

GDI++使用中

概要: Windowsのフォントレンダリングを改善するGDI++を常駐させて使ってる。


GDI++っていうのは今のバージョンだとWindowsのフォントレンダリングを FreeTypeに挿げ替える2chで開発されてるソフトなんだけど、 これを最近常駐させるユーティリティを使ってすべてのプログラムに適用させてる。

ぶっちゃけ世界が変わりました。 FreeTypeにレンダリングさせてるので当然Linuxとか同等のレンダリングがされて 設定をいじる必要はあるけど、相当きれいになる。 正直なところ、本家のLinuxの描写よりも調子は良いかもしれない。

自分はUIのフォントにARISAKA使ってるんだけど、 確かLinux(UbuntuだったかCentOS)だと微妙にきちんと描写されない、縦線が掠れるというか色が変になるというか。 まあ、このあたり微調整すれば直るのかも知れないけど。

ただ、問題がないわけではなくて、全体的にメモリ喰うようになる。 あとキャッシュ使わないと重くて使い物にならない。

メモリ喰う容量としては使わないときの1.4~1.5倍ぐらい。 正直メモリ2GBぐらいじゃないとつらいかも知れない。

まあこのあたりトレードオフなのでどっちか選ぶしかないんだけど。 ちなみに自分の環境のC2D E6750 + メモリ2MBだと特に重いとかで気になることはない。

あとDierctX使ってるゲームが動かなかったりする。 これに関しては有効/無効切り替えて対処している。

ちなみにGDI++の関連サイトとか2chスレとかは各自調べること。 自分は聞かれても知りません。それぐらいできないと使えないし。

あとGDI++はライセンスがFreeType Project LICENSEのオープンソースなので、 色々と改造してみるのも良いかも。

それにしてもDesktop Customizeしてると見た目がどんどんWindowsから離れていくのは気のせいか。