カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Moose.pmを使わない方が良いケース

概要: PerlのMooseを使わない方が良い場合。


Moose.pm使うと色々と便利なんだけど、

  1. 大量にインスタンスを作成する場合
  2. 実行速度が速くなければならない場合

には使わない方がいいのかなぁと考えている。

パフォーマンス云々に関してはdannさんのエントリが参考になるとして、 実際に使ってみた感じではNode treeを作成するクラスなんかでは使わない方がいいかと。

ぶっちゃけた話、今の所開発が止まってる自作記法のText::Nyarlaxで要素クラスを作るときにMooseを使ってたわけだけど、 結構遅かったように思う。まあParse::RecDescentのコンパイルも関係してるだろうけど。

あとまあ、例えば共通のインターフェイスを持つクラスとそれを保持するクラスを作成する場合なんかには、 Moose使うとだいぶ楽ができると思う。ただまあそのときに__PACKAGE__->meta->make_immutableした方がいいみたいだけど。

まあ自分の中でMoose使うときに注意点はこんなもんかなぁと。 Mooseは結構面白いので使えるときには使って行きたいなぁと思う。自分はMooseのソース読めないけどw

エントリは以上。あと実に一ヶ月ぶりにこのBlog更新した。 無貌断片の方はまあぽつぽつと更新してるけど。