カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Ubuntuをインストールした後にやったこと

概要: Ubuntuのインストール後にやった作業


なんかUbuntuのイメージを何回も作り直してるので、 Ubuntuのインストール後にやった作業を記録しておく。

パッケージのアップグレード

sudo aptitude update
sudo aptitude safe-upgrade

VMware Toolsのインストール

  1. VMware Toolsのイメージをマウント
  2. 中にあるVMwareTools-{version}-{number}.tar.gzを適当なディレクトリにコピー
  3. コピーしたファイルを展開
  4. 展開したディレクトリ内にあるvmware-install.plsudoで実行

svkのインストール

# インストール
sudo aptitude install svk

# 初期設定
svk dept --init

dh-make-perlのインストール

sudo aptitude install dh-make-perl

zshのインストール

sudo aptitude install zsh

GNOMEのディレクトリ名を英語に

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

Tangoのインストール

 sudo aptitude install industrialtango-theme tango-icon-theme tango-icon-theme-common tango-icon-theme-extras

で、インストールが終わったら、システム->設定->外観の設定でIndustrialTangoを選択。

フォントの設定

システム->設定->外観の設定->フォント->詳細で、

  • スムージング - サブピクセル
  • ヒンティング - すべて

を選択。

以上終了

まあざっとこんな感じ。Tangoとかフォントは好みで。

今使ってるWindows機でもTango Patcherとか使ってるので、Tangoははずせないところ。 フォントはまあ自分のモニタで一番くっきりと見えるものを選択。

今の所シェルとかエディタはほとんどデフォルトで使ってるので、特に設定しなくても困らない感じ。 まあ設定ファイルをいじるようにするのが面倒なだけですが。

とりあえずもうちょっと設定してから、VMware関連ファイルを一ファイルに圧縮する予定。 これなら何かあったときでも簡単に復旧できるし。こういうところが仮想環境だと便利。

まあ今日はとりあえずここまで、続きはまた明日やろう。