カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

git使い始めました

概要: ローカルで開発中のプロジェクトでgitを使い始めました。


ローカルでひっそりと開発してるWeb Applicationが一個あるんですが、 今までずっとバージョン管理してなくて、もうそろそろバージョン管理しないとまずいんじゃね? ということでgit使ってバージョン管理するようにし始めました。

で、gitでバージョン管理を始めてみた感想。

なんかsvkを使うときより面倒じゃない!

svk使ってた頃だと、新しいプロジェクトを開発するときは、

  1. さくらインターネットのサーバにある中央リポジトリにプロジェクト用のディレクトリ作ってコミット
  2. 作ったディレクトリをチェックアウトしてファイルを追加

という感じで、ちょっと試しに作ってみようかなというときには面倒だったんですが、 git使う場合だと

$ cd ~/dev/{project}
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "imported"

でできちゃうのがステキ。

特にローカルで試しに作ってみたいけど、中央リポジトリにコミットするのはちょっとなぁという感じな時は、 ローカルにリポジトリ作るだけなのですごい便利です。 で、公開したくなったらgithubにリポジトリ作ってローカルのリポジトリにリモートリポジトリ追加してgit pushするだけという。

Subversion(SVK)使ってたときはCodeRepos.orgができるまで公開リポジトリを用意するのに悩んでたりもしたんですが、 gitにはgithubというサイトがあるので、公開リポジトリに悩まずに済みます。

あと正直git使う前はなんかとっつきにくいのかなーと思ってたりもしたんですが、いざ実際使ってみるとそんなこともなく、 むしろSubversion(SVK)より使いやすいんじゃないかと思う次第です。

まあでも僕の場合はCygwinで開発してるからよかったものの、 純粋なWindows環境でgit使おうとしてたらややこしいことになってたかも知れないです。 まあでもCygwinも日本語が微妙なんだけどね。

あ、あとこの記事を書いてる途中で、CodeReposに上げてあったClass::HookableData::Cloudと改造版blosxom本体とblosxomのプラグインを github.comの方に移しました。

僕のgithubのアカウントは

http://github.com/nyarla

でアクセスできます。

あとCodeReposにJavascriptのdocument.writeをDOM仕様にするのがあったような気がするんですが、 今日のところは面倒なので放置です。まあ今後はgit + githubで開発すると思います。

ということで今日はgit使いになったという話でした。