読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

VirtualBoxを試してみた

Development Software Knowledge

概要: VirtualBoxを試しに使ってみた


昨日VirtualBoxインストールしたら不明なデバイスが出るようになったのでそれを消す方法 という記事を書いたりしたんですが、それは結局余計なことなことをした結果そうなってたみたいで、 今日試しにVirtualBoxを再インストールしてみたら、別に特に問題が起きることもありませんでした。

まあそれは良いとして、今日はVirtualBoxの導入方法とか、使ってみた感想とか書いて見たいと思います。

それでははじまりはじまり。

VirtualBoxとは

VirtualBoxとは、

と同じく、PCやMac上でx86、x64を動作させることができる仮想マシンです。

VirtualBoxの特徴としては、

  • 無償で利用できる
  • WindowsやLinux系OS、Macとかで使用できる
  • ホストOSとゲストOSの画面をシームレスに統合できる(シームレスモード)
  • ゲストOSにリモートデスクトップを使用して接続できる
  • GUIはもちろん、CLIも充実している

という感じです。

VirtualBoxのダウンロード

まずはともかくVirtualBoxインストーラーのダウンロード。

VirtualBoxのインストーラーは

の二つの入手経路がありますが、どっちから落としても同じインストーラーが落ちてくるっぽいです。 で、僕の環境はWindows XP SP3 32bitなんで、Windows用のインストーラーをダウンロードしました。

VirtualBoxのインストール

で、インストーラーを落としてきたので、インストーラを実行。 あとは画面の指示にしたがってインストール。

で、僕の環境の場合、インストールする段階でNetwork Interfaceがリセットされるよ! みたいな警告が出たんですが、まあなんとかなるだろうということで、インストールを続行しました。

まあ僕のところはネットがつながらなくなることは無かったんですが、 環境によっては、インターネット関係の設定をやり直す必要があるのかもしれません。

VirtualBoxの起動、あと初期設定

で、妙な事したり、妙な環境だったりしない場合、インストールが無事終わるはずなので、 インストールが終わったら、VirtualBoxを起動します。

で、次に初期設定。

僕の場合は、VirtualBoxが起動したら、ファイル->環境設定一般タブで、 VMの保存場所と仮想HDDイメージを保存場所を変更しました。 まあそれ以外は特にいじってません。

仮想マシンの作成

んで、初期設定も終わったんで、仮想マシンを作成します。

仮想マシンを作成するには、

  1. VirtualBoxの起動時に表示される新規(N)ボタンをクリック
  2. 仮想マシン作成ウィザードが表示される
  3. 仮想マシンの名前とOSのタイプを指定
  4. メモリのサイズを指定する
  5. 起動ディスクの指定をする
  6. 新規のHDDイメージを作成する場合、仮想HDD作成ウィザードが立ち上がる
  7. 終了

という感じです。

で、ウィザードに指示に従うだけでも仮想マシンは作成できるんですが、 細かいところの設定はウィザードでは設定されないので、 今度は細かいところの設定をしていきます。

細かい所を設定するには、VirtualBoxの画面の右側の詳細タブに表示される各項目をクリックするか、 仮想マシンを選択した状態で、画面右側の設定(S)ボタンをクリックすると、詳細な設定画面が表示されます。

で、このとき僕がやった設定は

  1. HDDやFDD、DVD等の起動順序を変更
  2. ビデオメモリを128MBに設定
  3. ネットワークをブリッジに変更

という感じです。

で、これで仮想マシンの基本的な設定はできたので、今度はUbuntuをインストールしていきます。

Ubuntuのインストール

まず、UbuntuのisoイメージをUbuntuの入手からダウンロードしてきます。

で、ダウンロードが終わったら、落としてきたISOイメージをさっき作成した仮想マシンにマウントします。

ISOファイルを仮想マシンにマウントするには、

  1. 仮想マシンの詳細タブのCD/DVD-ROMの項目をクリック
  2. 設定画面が出たら、CD/DVD ドライブのマウントにチェックを入れる
  3. ISOイメージファイルを選択
  4. プルダウンメニューの横のフォルダマークをクリックしてISOイメージの追加画面を開く
  5. 追加(A)ボタンをクリックして、さっきダウンロードしたISOファイルを追加する
  6. 追加されるとISOファイルが追加画面下部で選択できるようになるので、ISOを選択して選択ボタンをクリック

という感じです。で、あとは起動(T)ボタンをクリックして仮想マシンを起動します。

でまあ起動するとUbuntuの起動画面が出てくるはずなので、後は普通にUbuntuをインストールするだけです。

えーっと、Ubuntuのインストールについては書くのが面倒なので省略します。 まあ、あれもウィザードに従ってインストールしていくだけなので、初心者でも割りと簡単にできると思います。

で、僕の場合はハードディスクのパーティションを

  • /bootに128MB
  • swapに512MB
  • /に残りのすべてを割り当て

という感じで割り当てました。

で、インストールが終わると、再起動するように言われるので、画面に表示される再起動ボタンをクリックして仮想マシンを再起動します。 で、このとき起動メディアでCD/DVD-ROMを優先していると、またUbuntuのISOイメージの起動画面が出てくるので、 仮想マシンのメニューの仮想マシン(M)閉じる(C)をクリックして仮想マシンを終了します。

で、仮想マシンが終了したら、詳細タブのCD/DVD-ROMをクリックして設定画面を開き、 CD/DVD ドライブのマウントのチェックをはずしてISOイメージをアンマウントします。

で、これでUbuntuのインストールは一通り終了なので、次はUbuntuの環境を整えます。

UbuntuのアップデートとGuest Additionsのインストール

まず、先ほどUbuntuをインストールした仮想マシンを起動し、Ubuntuにログインします。

で、この作業方法は好みですが、僕の場合、Gnome端末を開き、

$ sudo aptitude safe-upgrade

で、Ubuntuのパッケージをアップグレードします。

んで次に、仮想マシンのメニューのデバイス(D)Guest Additionsのインストールをクリックすると Guest AdditionsのISOイメージがUbuntuにマウントされるので、 同じくGnome端末で、

$ cd /media/cdrom
$ sudo ./VBoxLinuxAdditions-x86.run

という感じのコマンドを実行し、Guest Additionsをインストールします。

そうると特に問題が無い限りGuest Additionsのインストールが終了するはずなので、 Gnome端末を閉じ、仮想マシンを再起動します。

そうするとGuest Additionsが有効になり、シームレスモードとか画面の自動リサイズとか、 マウスのキーボードの統合なんかが動作するようになります。

まあこれで、仮想マシンの基本的な設定は終わったので、 後は好みでzshやらgit-coreやらのパッケージを追加していきます。

以上で作業は終了。以下感想。

まあ以上が昨日と今日やった作業の解説です。でまあ使い心地ですが。

VMware Playerより使いやすい

という感じです。

Compizも仮想マシンの設定でちゃんと設定してやれば特に何もしなくても動いたし、 Windowsゲストは試したこと無いですが(ライセンスが無い……)DirectXで動くゲームとかも動くだろうと思います。

まあVirtualBoxの使い心地も良かったし、Ubuntuの使い心地がWindowsよりいい感じ(と感じてる)ので、 いっそメインOSをUbuntuに乗り換えてゲームとかはVirtualBox上のWindowsでやればいいんじゃね? とか思い始めた次第。まあでもマシンが一台しかないからめんどくさそうだけど。

まあ使ってみた感想としてはVMware PlayerとかVirtualPCとかと比べて癖がないと思うので、 初心者でも使いやすいと思います。まあでも開発環境としてはCygwinの方が楽かなぁと思う。 仮想マシンを起動したり終了したりするのが面倒だからね。

まあなんか結構気に入ったので、機会があれば使っていきたいなぁと思います。以上VirtualBoxの話でした。