カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Google App Engine SDK for Pythonをインストールした時の作業ログ

概要: Google App Engine SDK for Pythonを既存のシステムを変更することなくインストールする方法


最近Google App Engineでアプリケーション作ってみてーという欲求が高まってきたので、 Google App Engine SDK for Python (Linux/Others)をCygwin環境にインストールしてみました。

0. 前提

まず、Google App Engine SDK for Python (Linux/Others)には

  • Google App Engine用のPythonライブラリ
  • Google App Engineで必要になるライブラリ
  • Google App Engine用コマンド類

が含まれるのですが、 これらのコマンドやライブラリを直接Pythonのライブラリディレクトリに突っ込むのはちょっと微妙かなと思ったので、 これらのライブラリは/usr/local/gaeに突っ込むことにしました。

これが前提

1. 下準備:PythonのインストールやSDKのダウンロード

次に下準備としてPythonのインストールやSDK本体のダウンロードを行います。

今回はCygwin環境にGAEのSDKをインストールするということなので、 まずPythonをCygwinのsetup.exe経由でインストールします。 GAE SDKはPythonのバージョンとして2.5.2を要求してくるので、 Pythonの2.5.2をインストールします。

次にGoogle App Engine SDK for Python (Linux/Others)を

からダウンロードしてきます。

ちなみに前は確か日本語版のページに掲載されているSDKのバージョンが古くて、 英語版のページからダウンロードしてくる必要があったんですが、 今では日本語版、英語版どちらも最新のSDKがダウンロードできるようになってます。

んでSDKをダウンロードしたらSDKの圧縮ファイルをを解凍しておきます。

2. SDKの配置

SDKをダウンロードして解凍したら、今度はSDKを/usr/local/gaeに配置します。

この作業は単純にSDKの中身を/usr/local/gaeにコピーするだけです。

3. コマンドやライブラリにパスを通す

で、SDKの中身を/usr/local/gaeに配置したら、今度はコマンドやライブラリにパスを通します。

僕の環境ではシェルにzshを使ってるので、~/.zshrc

gaedir=/usr/loca/gae
gaedir=/usr/local/gae
if [ -d $gaedir ] ; then ;
    export PATH=${PATH}:$gaedir
    export PYTHONPATH=${PYTHONPATH}:${gaedir}:${gaedir}/lib/antlr3:${gaedir}/lib/cacerts:${gaedir}/lib/django:${gaedir}/lib/ipaddr:${gaedir}/lib/webob:${gaedir}/lib/yaml/lib
fi;

という感じでパスを通す設定を記述します。

ちなみにifで囲んでるのは、.zshrcを複数の環境で使用できるようにしてあるからだったりします。

4. 確認

で、パスも通し終わったらシェルで

$ dev_appserver.py --help
$ python -c 'from google.appengine.ext import webapp'

という感じでパスがきちんと通ってるか確認します。

で、問題が無ければSDKのインストールはこれで終了です

以上終了

以上がGogle App Engine SDK for Python (Linux/Others)をインストールする際の作業項目です。

実際にインストールするのはそんなにややこしくは無かったですが、 環境変数に追加するとかの辺りが結構面倒でした。

まあGAE SDK for Pythonについてるlibディレクトリ以下のライブラリは直接インストールしても良かったような気がしますが、 GAE SDK for Pythonについてるライブラリが最新のライブラリと比べて古かったり、 Googleによってカスタマイズされている可能性を考慮して今回はインストールしませんでした。

まあこれで開発環境は整ったので、あとはGAE Applicationをバリバリ開発していくだけ!……なんですが、 その前にPythonについて学習しないと先に進めないという。

まあPythonの学習コストはPerlの時と比べれば高くないだろうということで、

初めてのPython 第3版

初めてのPython 第3版

を一通りよんでから開発していこうかと思う次第です。

以上Google App Engine SDK for Python (Linux/Others)のインストール作業ログでした。