カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Google App Engine開発環境用にPython 2.5.5環境を整える

概要: CygwinにPython2.5.5環境を整える


ここのところGoogle App Engine用のApplicationを開発(とか良いながらぜんぜん進んでないけど><) してるわけですが、この間Cygwinのsetup.exeを起動して云々してたら、Pythonが2.6.5になったりで、 開発環境がどうも不安定なので、今後面倒なことにならないためにも、 Google App Engine用のPython環境を整えることに。

0. CygwinのPythonをインストール

とりあえず後々使うvirtualenvとか、mercurialのために、CygwinのPythonをインストール。

手順としては、

  1. setup.exeを起動
  2. パッケージリストからpythonを選択
  3. セットアップを実行

という感じ。

1. Python2.5.5のインストール

んで、次にGoogle App Engine用のPythonをインストール。

Google App EngineはPython 2.5系を要求するので、 今回は2.5系の最新版である2.5.5をインストールします。

で、あとは端末で、

$ cd ~/tmp
$ wget http://www.python.org/ftp/python/2.5.5/Python-2.5.5.tgz
$ tar zxvf Python-2.5.tgz
$ cd Python-2.5.5
$ ./configure --prefix=/usr/local/python2.5.5
$ mame
$ make install

という感じでインストールしました。

3. virtualenvをインストール

んで次にvirtualenvをインストールします。

もしかするとシステムにvirtualenvをインスコしないほうがいいのかも知れませんが、 めんどくさかったので、

$ pip install virtualenv

としてvirtualenvをインストールしました。

まあ、pipがインストールされてない環境ではeasy_installを使うとよろしいかも知れません。

4. virtualenvでGoogle App Engine用環境を作成

これで役者はそろったので、いよいよGoogle App Engine用の仮想環境を作成していきます。

んで、端末で、

$ virtualenv --python=/usr/local/python2.5.5/bin/python2.5 /home/nyarla/local/gae

とすると、インストールが実行される……と思いきやなんかリンクしたライブラリが見つからないとかいわれてエラー。

で、エラーメッセージがいまいち意味不明だったので、試しに~/local/gae/binに生成されたpython.exeを実行してみると、 どうもlibpython2.5.dllが見つからないというエラーが。

んで、このメッセージを見て、これはどうも実行ファイルがあるディレクトリにパスが通ってないせいっぽかったので、 今度は、

$ export PATH=/usr/local/python2.5.5/bin:${PATH}
$ virtualenv --python=/usr/local/python2.5.5/bin/python2.5 /home/nyarla/local/gae

としてパスを通してから実行、すると今度はうまくいきました。

んで、この作業をした後、シェルの設定ファイルに、

export PATH=${PATH}:/usr/local/python2.5.5/bin

と記述して、恒久的にパスを通すようにしました。

5. virtualenvを使う

で、これでも完全に作業は終わったので、Google App Engine用の仮想環境を使うには、

$ source ~/local/gae/bin/activate

とすればOKという状態になりました。

6. 感想

とりあえず詰まった所としてはPython2.5.5にパス通してなくてvirtualenvを実行しても先に進まなかったことぐらいですが、 それ以外はすんなりと実行できました。

まあこれでGoogle App Engine用のPython2.5.5環境が整ったので、 あとはモリモリと開発していくだけです。

で、Google App Engine用Applicationですが、最初はframeworkを使わずにやってたんですが、 途中でめんどくさくてやってられねーとなって、kay framework を使ってたんですが、なんか遅いような気がする上に、作法がなんとなくなじまなかったので、 Pylonsを使ってみようかと考えている次第。まあこれから試してみっかって感じですが。

というわけで以上virtualenvとPython2.5.5でGoogle App Engine用仮想環境を作るという話でした。