カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

ここ最近Ubuntu 10.10を使ってみた感想

空繰再繰(カラクリサイクル)でも書いた通り、一昨日に今使ってるマシンにUbuntu 10.10をインスコしたわけだけど、 無貌断片の方の最新記事が辛気臭いのがいつまでたっても表示されるのはアレなので、 今日はUbuntu 10.10を使ってみた感想を書いてみる。

ネットをするだけならWindowsはいらない

まず最初に思ったこと。

僕がメインで使っているブラウザは、WindowsだとGoogle chrome、 UbuntuだとChromiumなので、設定の同期さえすれば、 Windowsの環境がほぼそのままUbuntuで使えることもあって、 インターネット巡回するだけなら、Ubuntuだけでも困らない感じだった。

まあFlashが再生できねーとかだったんだけど、これはUbuntuソフトウェアセンターから、 Adobe Flash Plugin を導入すれば一発でOKだったので、かなり楽だった。

まあ、僕がネットするときに普段使っているのは、上記のChrome or Chromiumと、 もうひとつWWWCなんだけど、 これはwineで動かしたら、なんかそれなりに動いてしまたったので、 イラストサイトの更新チェックはこれをつかってやるようにしてる。 もっとも微妙に動かない部分もあるので、そのあたりは手作業でフォローする必要があるけど。

NTFSもラクラク扱える

ついでこれ。

いやー前にWindows XPを再インストールする際に、Ubuntu 10.04を使ってWindows XPのパーティションを消したときに、 LiveCDでNTFSでフォーマットしたUSB HDDを認識してたんで、まあ使えるだろうとは踏んでたんだけど、 実際に使ってるみると、Windows環境とそう大差なくNTFSフォーマットの外付けHDDが使えています。

いやだって今Rhythmboxを使って音楽を聞きながらこの記事かいてるけど、 この音楽が保存されてHDDってNTFSでフォーマットしてある外付けHDDだからね。 なんかすごい時代になったもんです。

つこないだまではLinuxでNTFSを扱うのは難しいとかされてたんですが、 実際に使ってるみるとそれは過去のことで、今となっては簡単に扱えるというのは、 先人たちの努力あってこそなんだろうなーと思う次第。

RhythmboxでiTunesのライブラリが聴ける

さっきRhythmboxってNTFS上の音楽聴いてるって書きましたが、 実はこれ、iTunesのライブラリだったりします。

まあiTunesのiTunes Mediaフォルダ開いたときに、*.m4aファイルのアイコンが音楽マークになっていたんで、 多分聴けるんだろうなーとか思ってたんですが、実際に聞けるとなるとかなりびっくりです。

まあでも実際には

  1. RhythmboxでiTunesのライブラリをimport
  2. 対応してないよーっていうエラーが大量に出る><
  3. プラグインを探すという項目があったんで、それを実行
  4. プラグインをインスコ
  5. 無事再生できた\(^o^)/

という感じでしたが。

あと僕のライブラリの場合、すべての音源がCDから取り込んだ音源なので、DRMは当然かかってませんでしたが、 DRMがかかってるiTunes経由で購入した音楽ファイルだと、もしかすると聴けないのかもしれません。

Anthyは微妙、mozcでだいぶましに。でも時々バグる

ついで文字入力について。

最初空繰再繰(カラクリサイクル)の記事を書いたときには、 Anthyを使って書いてたんですが、いまいち変換候補に不満があるというか、あまり思い通りに変換できなかったので、 記事を書いたあとにmozcを導入しました。ちなみにmozcの辞書は一切いじってません。

で、mozcを使って今この記事を書いてるわけですが、特に誤変換に悩まされることなく、 わりとスムーズに入力できてます。

ただ、やっぱり枯れてないせいか、バグがあるのかなんなのかはわかりませんが、 さっき途中で文章を正しく入力できないことがありました。まあその時はAnthyに切り替えてしのぎましたが。

まあでも基本的にはおかしな挙動はしないんで、結構快適です。

コマンドラインランチャはLaunchyを使った

で、俺にとってこれ重要。普段アプリケーションを起動するコマンドラインランチャについて。

実は最初Gnome doを使ってみてはいたんですが、僕の設定が悪いのかなんなのかはよくわかりませんでしたが、 shスクリプトが実行されずにテキストエディタで開かれちゃったり、 検索がインクリメンタルなんだけど微妙に使いづらいとかで、Gnome doを使うのは却下しました。

で、それでは作業がやり辛いので、他のを探したわけですが、 その際Launchyというのを見つけ、現在常用するのにいたります。

こいつはどうもオープンソースで提供されていて、Windows版、Mac版もあったり、 Ubuntuソフトウェアセンターではパッケージがないものの、 幸い公式サイトで.debが提供されていたりしたので、それ経由でインストールしました。 まあtarballもdownloadできるので、他の環境ではソースからインスコすればいいんじゃないかと思います。

で、このLaunchy、使い心地はfenrirと似たような感じで、 かなり使い易いです>< いやーWin key + Spaceで起動してコマンド実行って流れがUbuntuでもできるとは思いませんでした。

CLI環境が速い

It's so fast !!!

やっぱりCygwinなんかと違い、本家CLI環境なので、コマンドの実行が速いこと速いこと。 perlbrewを使ったPerlのインスコもすんなり行ったし、 この日記とか空繰再繰とかを生成するのに使ってるnimもかなり高速に動作しました! わーい。 いやだってcpanmを使ったCPAN moduleのインストールが滝が流れるようにコンソールが流れていく様は圧巻ですよ?

今のところ、自前でインストールしたソフトウェアはperlぐらいなもんですが、 多分他のソフトウェアも速いと思います。

まあこれだけでもUbuntu 10.10をインスコした甲斐があったというものです。

以上ざっとこんな感じです

まあざっとこんな感じですかね。Ubuntu 10.10を使ってみた感想としては。

まああとはUbuntu上のファイルのバックアップ環境を整える必要があるんですが、 そのあたりはまあぼちぼちという感じです。もっとも今のところ、 バックアップが必要なファイルってそうはないんですけどね><

まあ今までうじうじしながらUbuntuをいれてこなかったわけですが、 思い切ってインストールして正解だったなぁという感じ。まさかこんなに快適だとは思わなかった。

まあインスコの記事は空繰再繰を参照してもらうとして、 Windows XPとUbutnu 10.10のデュアルブートは結構楽なので、 Ubuntu 10.10を常用したいけど……と思ってる人は思い切って導入してみるといいよ!