カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

――OS Xの夢を見た

――それはきっと素敵な夢で、それはきっと残酷な夢なのだ。

夢を見るのは割と簡単だった。

ネットでそろえられないモノは無いと謳われる昨今、 ネットを漁ればいろんなモノが手に入る。

そう、OSXの夢を見るための手順書なんかも、各国の言語でぶちまけられているのだ。 栄華を誇っているのか、世も末なのか。このあたり、私にはよくわからないけれど、 とりあえず手に入るモノは利用する主義なので、気にしないことにする。

それで、そう、夢の話。

この間、とある経緯で入手することとなったMac OS X 10.6.3 のリテールディスク。 プログラマーの夢のステキアイテム、Macbook Airを手に入れるため、 ささやかなお小遣いを貯めている私にとっては、本当に夢のような贈り物だ。

だけど、Macbook Airを手に入れるためお小遣いを貯めているような私にとっては、 この手に入れたMacのリテールディスクを活かす手段がない。

だって、Mac OS XはMacのハードウェア上でしか動かない。 Mac OS Xのリテールディスクがあったところで、それはただの飾り物。 単なるDVDという記憶メディアでしかないのだ。でも、私はMacを体験したい。

――だから、私は夢を見ることにした。

用意するものは、さっきネットで手に入れた手順書。あとMacのリテールディスク。 で、それととりあえずVirtualBox。

やっぱり、いきなり実環境で夢を見るのは厳しいものがある。 というか、今のところ、あやふやな夢の世界で、実環境を使う勇気はない。

まあそんな前書きはどうでもいい。

私はこれから、夢を見るんだから。


――結果は可もなく不可もなく。私は夢を見ることに成功した。

が、正直言って、夢の世界は夢の世界。現実という世界はやっぱり厳しいことを実感した。

夢を見ることはできた。手順書があったから割と簡単に。でも私には足りないものがあった。

――そう、スペックである。

ぶちまけた話、私の唯一のメインマシンは、2〜3年前の、BTOで買った、中の上ぐらいのマシンである。 その当時としては結構なスペックのマシンで、私は確か一式を18万円ほどでそろえたんだっけか。 まあ今でも日常生活を送る上では、そう不自由しないマシンなのは確かだ。

でも。夢を見るには力不足なのであった。

まず、CPUがCore 2 Duoという今となってはただのデュアルコア。 ハイパースレッティングなんて洒落たモノなんか付いてない。 なんで、夢に割り当てられるCPUのコアは1コアだけで、なんとも心もとない。

さらに致命的なのは、メモリが2GBしか積んでなかったこと。

はっきり言おう。夢の中のMacたんは、メモリを最低1GB要求してきて、 この要求に答えなければ、夢を見続けることはできない。 でも、この1GBというのは私のマシンにとっては結構な容量で、 夢を見る途中、私の相棒のメモリ使用量は、なんと80%を超えていた。

はっきり言って、おつむ(CPU)も足りないし、一時記憶力(メモリ)も足りない私たちにとっては、 夢は夢。夢を見ることがなんとか可能となるだけで、夢を見続けるのは、なんとも無理なお話なのであった。


とりあえず、今は夢を半分見つつ、この日記を書いている。

というか現状を説明すると、Time Machineのバックアップを動かしつつ、 今この日記を書いている、というのが現実だ。 まあ、バックアップが終わったら、また元の日常に戻ろうかと思う。

とりあえず、夢の一部を見れた点については大変満足で。 私たちは夢を見るのに力不足なので、とっても残念という感じだ。

というか今回夢を体験した感じたのは、夢を見るには相棒を改造するか、 あるいは新しい相棒を迎えなければならないということだ。

先にも述べた通り、私はささやかなお小遣いをMacbook Airを購入するために貯めてたりするが、 もし今相棒をごにょごにょしようとすると、私の愛しいAirたんは、遠い彼方へ行ってしまう。

私がちょっとだけでも夢を見れるようになったのは、まあたまたまに過ぎないけど。 その夢を見るために、将来にある確固たる現実を犠牲にしてしまうと、なんというか本末転倒だ。

――まあ、だから。結局、夢は夢のままで。私は相棒とともに撃沈したのであった。

Mac in dream. finished.