カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Ubuntu 10.10で、NFS共有フォルダをautofsで自動マウントする方法

概要: Ubuntu 10.10でNFS共有フォルダautofsを使って自動マウントする


0. 準備

サーバ側

NFS共有フォルダを提供するサーバ側で、今回NFSをマウントしたいクライアントに対して、 共有の許可をしておく。でないとクライアントでマウントできない。

クライアント側

まず、普通にNFSを使えるようにしておく。

Ubuntu 10.10ではNFSはデフォルトではインストールされていないので、

$ sudo apt-get install nfs-common

してnfsをインストールする。

次に今回は、autofsを使って自動マウントするので、autofsもインストールしておく。

$ sudo apt-get install autofs

1. autofsの設定

まず、最初にマウントしたいNFS共有フォルダの設定をする。

僕の場合、マウントしたいNFS共有フォルダはQNAP上にあるので、 とりあえず、設定ファイル名を/etc/auto.qnapとした。

で、この/etc/auto.qnapに以下のような設定を書く。

share       -fstype=nfs     192.168.11.13:/share/share
backup      -fstype=nfs     192.168.11.13:/share/backup
windows     -fstype=nfs     192.168.11.13:/share/windows
USBDisk1    -fstype=nfs     192.168.11.13:/share/USBDisk1

この設定の、一番左側は、実際にマウントするディレクトリで、 次の-fstype=nfsはどういうファイルシステムを使うかを指定している。 で、最後の192.168.11.13:/share/share等は、どの共有フォルダをマウントするか、 を指定している。

で、設定ファイルが書けたら、次にautofsの親設定ファイル、 /etc/auto.masterを編集する。

親設定ファイルはUbuntuにインストールしたデフォルトだと、

#
# Sample auto.master file
# This is an automounter map and it has the following format
# key [ -mount-options-separated-by-comma ] location
# For details of the format look at autofs(5).
#
#/misc    /etc/auto.misc
#
# NOTE: mounts done from a hosts map will be mounted with the
# "nosuid" and "nodev" options unless the "suid" and "dev"
# options are explicitly given.
#
#/net -hosts
#
# Include central master map if it can be found using
# nsswitch sources.
#
# Note that if there are entries for /net or /misc (as
# above) in the included master map any keys that are the
# same will not be seen as the first read key seen takes
# precedence.
#
+auto.master

という感じになっているが、この設定ファイルの一番最後、+auto.masterの設定は、 どういうわけかは知らないけど、エラーになるらしいので、

# +auto.master

という感じでコメントアウトしておく。

それで次に、先程設定した/etc/auto.qnapを読み込むように、 /etc/auto.masterを編集する。

僕の場合、こういう設定になった。

/media/QNAP     /etc/auto.qnap

ちなみに、この設定では、

/media/QNAP/
    share/      -> 192.168.11.13:/share/share/
    backup/     -> 192.168.11.13:/share/backup/
    windows/    -> 192.168.11.13:/share/windows/
    USBDisk1/   -> 192.168.11.13:/share/USBDisk1/

という感じでNFS共有フォルダがマウントされる。

で、設定が終わったら、

$ sudo service autofs restart

して、autofsを再起動する。この際なんらかのエラーがある場合には、 /var/log/syslog等にエラーが記載されるので、一応チェックしておくと良い。

2. マウントポイントとなるディレクトリの作成

以上でautofsの設定は終わりだが、上記だけでは自動マウントはされれない。 自動マウントを行う場合には、マウントポイントとなるディレクトリが作成されている必要がある。

それで僕の場合には、

$ sudo mkdir -p /media/QNAP/share
$ sudo mkdir -p /media/QNAP/backup
$ sudo mkdir -p /media/QNAP/windows
$ sudo mkdir -p /media/QNAP/USBDisk1

という感じでマウントポイントとなるディレクトリを作成した。

で、ディレクトリが作成されると、今までの設定に問題がなければ、 自動的に設定したディレクトリがマウントされる。

4. 以上

というわけで、以上がUbuntu 10.10でNFS共有フォルダを、autofsを使って自動マウントする方法でした。

ああこの方法にたどり着くまでかなりぐぐりまくりだったんだけど、 なんとか成功までたどり着いた次第。

あと、今回自動マウントしたのは、QNAP TS-210の共有フォルダで、 QNAP TS-210については、また別の記事で取り上げたいと思います。

つーわけで、以上がUbuntu 10.10でautofs使ってNFS共有フォルダを自動マウントする方法の解説でした。