カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

【速報】Linux Mint 10はiPod nano 6thをマウントできる!

概要: iPod nano 第六世代をLinux Mintにつないでみたら……


何がどうしてこうなった

  1. Linux Mint使ってる時でもiPod nano 6thを充電できないかと思った
  2. でも、Ubuntu 10.10のときはできないって情報があって試してなかった
  3. 今日、意を決してつないでみた
  4. 自 動 認 識
  5. RhythmboxでPlaylistを見たり、入ってる曲を再生できたりした!
  6. 未確認情報】だけど、どうも同期もできるっぽいです。試してないけど。
  7. 結論: Linux Mint 10スゲー

あと思ったこと

  • 多分だけど、iPod nano 6thの内部構造が更新されると同期できなくなると思う
  • あと、Apple的にiTunesを経由しない同期は未保証だと思う(要出典)
  • 充電も問題なくできるんで、iPod nano 6thを充電するためにWindowsを起動しなくてもよさそう
  • ただ、曲を追加する際には、iTunesを使ったほうがよさげかもしれない。

というわけで

以上、速報でした。

同期関連について追記:2011-03-24T15:06:28+09:00

mattnさんから、 この件について質問があったんで追記。

今回のこの記事では同期できるっぽいとか書いてましたが、 試してないけどと書いてあるとおり、実際に同期できるかどうかまでは一切試してません

で、なんで同期できるっぽいと書いたかというと、 iPod nano 6thをマウントしてRhythmboxで開いたところ、 同期する云々という項目が出てきて、クリック可能になっていたので、 同期できるのかな? と思い、同期できるっぽいと書いてました。

が、さっきmattnさんとFacebookでやりとりしたところ、iPod nano 6thに曲を転送するには、 ハッシュアルゴリズムが云々で、色々とほげる必要があるそうです。

それ関連の記事はmattnさんのlinuxでgtkpodを使ってiPod nano 6thへ曲の同期が出来た。 という記事に詳しいのですが、まあハック関連っぽいので、詳細は取り上げてないみたいです。

また、僕もiPod nano 6thと同期するにはハッシュアルゴリズムを云々っていうのは、 はっきり言って今回初めて知ったんで、詳しいことはよくわかりません。

まあ不正確な記事でmattnさんに期待させてしまったのは申し訳ないな、と思うのですが、 とりあえず、これ関連で補足しておく必要があると判断したので、追記することとなりました。

とりあえず、同期はなんか色々とほげらないとできない、ということみたいです。