カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

新たな自粛の取り組みは、業界団体・出版倫理協議会(以下協議会)が設けた「児童と表現のあり方検討委員会」の席上で示されたもの。 自粛案は「出版倫理協議会と出版倫理懇話会の申し合せ(案)」のタイトルで

  1. いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と想起させる子どもをモデルとした漫画(コミック)を出版する際には、性交又は性交類似行為を連想させる表現は自粛する。
  2. いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と思われる子どもを大人が凌辱するような行為を描いた漫画(コミック)の出版は自粛する。

以上の二点を求めている。


from ついにロリマンガ消滅へ 業界団体が示した「自粛案」の苛烈さ


まあ、なんだ。乾いた笑いしか出てこないよ。と、言うのが正直な感想。 まあ一般の人は困らないだろうけどね。ロリエロ規制されても。

まあなんだ、俺はロリエロ系のエロマンガが、商業同人含め、いくつかもってるので、 正直言ってこれらが買えなくなるのは困る。性的嗜好的に。

あと、ひとつ疑問に思ったのが、この自粛案の範囲がどこまでか、ということ。 この記事を読んだ限りでは、とりあえずの所、マンガの商業誌がメインだと思うんだけど、 これが同人出版にまで拡がるとかなりイヤン。ニッチを満たすエロ同人まで買えなくなるのはねぇ。

あとさ、これどう考えても、ロリエロ系を書いてる漫画家さんとか、 それ系中心の出版社の都合って全く持って考えてないよね。 だって、それ系中心の所って、それ系を出版できなくなったら、 おまんま食い上げになるわけでしょ。飢えて死ねと言ってるようなもん。 そりゃ反発を強めるのは当然のことだわな。

あともうひとつ言うと、引用した上記記事にも書いてあったけど、 アダルト系出版社は18禁マーク付ける等、出来ることはキッチリやってるわけで、 それにもかかわらず内容を自粛しろってのは暴挙に見えるわなー。 アダルト系出版社にしてみれば。

まあ今回の件は、一応まだ提案段階で、具体的に実行するのかどうか、 とかはまだ先の事なんで、今すぐこれが実行される、ってことではないみたい。 ただまあ、アダルト系出版社は少数派だと思われるんで、ゴリ押しされる可能性は無きにしも非ず。

まあ俺はこの件を追っかける気はほとんどないし、そんな事に情熱を注げたのは今は昔な感じなんで、 とりあえずの所何もする気はないけど、まあこの手の問題で頑張ってる皆様方は、 とりあえず抗議とかしたほうがいいんじゃないでしょうかねー。まあでも、 頑張りどころがわかってない人が多そうだから、無駄な努力になりそうな気がしないでもないですが。

まあ最初にも書いたけど、本当、呆れてものが言えない感じです。 なんていうか自分たちの保身しか考えてないんじゃない? みたいな。

まあこうやって表現の自由はゆっくりと意味を無くしていくんじゃないかなーと感じる次第です。はい。