カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Emacsでsimplenoteを操作してみた

概要: simplenote.elを使ってEmacsでsimplenoteのメモを編集


以前、Evernoteからsimplenoteに乗り換えました!という記事にも書いたとおり、 僕はメモの管理をEvernoteから乗り換えて、simplenoteを使っているのですが、 今日はそのsimplenoteをEmacsから使ってみましょう、という話。

simplenote.elを導入する

simplenote.elは、

から入手でき、install-elisp.el or auto-install.elを使っている方であれば、

M-x install-eslipしてから、

を入力して、C-c C-cすればインストールできます。

simplenote.elの設定

次に設定

大体こんな感じ。

~/.emacs

(require 'simplenote)
(setq simplenote-email "your simplenote email")
(setq simplenote-password "your simplenote password")
(simplenote-setup)

ちなみに僕はdotfilesをgithubで公開している関係上、 メールアドレスとかパスワードはベタ書きしていません。

で、最初elimさんのpit.elを使おうとしたんですが、 どうにもうまく動かせなかったので、下記のようなスクリプトを書いて対応しました。

#!/home/nyarla/perl5/perlbrew/perls/current/bin/perl

use strict;
use warnings;

use Config::Pit;

my ( $prefix, $key ) = @ARGV;

my $pit = Config::Pit::get($prefix);

if ( exists $pit->{$key} ) {
   print $pit->{$key};
}

exit;

で、これを僕のemacs.d以下に配置し、~/.emacs

(require 'simplenote)
(setq simplenote-email (shell-command-to-string "~/config/config/emacs.d/bin/pitget simplenote email"))
(setq simplenote-password (shell-command-to-string "~/config/config/emacs.d/bin/pitget simplenote password"))
(simplenote-setup)

という感じに設定しています。

simplenote.elの実行

これでsimplenote.elの設定が終了するので、 あとはEmacsでM-xしてsimplenote-browseと入力すれば、 simplenoteのclientが起動します。

それで、一番最初に、[Sync with Server]を実行して、 Emacs上のclientとsimplenoteのサーバを同期させます。

ちなみにこの同期、メモの数が多いとそれなりに時間がかかるので、 まあマターリと待ちましょう。

で、同期が終わったら、simplenoteに書いたメモ等が見れるようになります。

大体の説明は終わり

まあメモの作りかたとか、メモの書き方なんかは、 Emacsが使える方であれば大体使えると思うので、説明は省略。 まあフィーリングでなんとかなるでしょう。

で、simplenote.elを使ってみた感想。

simplenote.elは必要最低限の機能しかないっぽいので、 凝ったことをしようとすると、自分で拡張する必要がありますが、 僕の場合、凝ったことをするつもりはないので、丁度いい感じです。

まあ、今さっき使えるようになってからこの記事を書いてるので、 そんなに使いこなせてるわけじゃないですが(><;) まあ、大体そんな感じです。

日本のsimplenote user数はそんなに多くないんじゃないか、とか思いますが、 Emacs userかつsimplenote userな人は、一回simplenote.elを使ってみるといいんじゃないでしょうか。