カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Linux Mint 11 ( Ubuntu 11.04 )でインターネットショートカットを開けるようにする方法

概要: 誰得だよ! 俺得だよ!


さて、僕のメインのOSはWindows XP -> Ubuntu 10.10 -> Linux Mint 10という風に推移してきたんですが、 この度Linux Mint 11がリリースされたので、それを昨日あたりにインストールしてました。

で、今日はその話、

ではなく

今日なんとなく思いつきでやった、

WindowsのインターネットショートカットをLinux Mint 11 (Ubuntu 11.04)で開けるようにする

というのを紹介したいと思います。まさに誰得。

ちなみにLinux Mint 11 (Ubuntu 11.04)となっている訳は、Linux Mint 11が、 Ubuntu 11.04をベースに開発されているからです。

あと、この方法は多分他のGnome 2を採用しているディストリービュージョンでも使えると思います。

それで、その方法。

まず、最初に適当なディレクトリに、

#!/bin/sh
/usr/bin/gnome-open $(/bin/echo $( /bin/grep 'URL=' "$*" ) | sed -e "s/^URL=//")

という感じの内容のシェルスクリプトファイルを作成し、 実行権限を付けます。その際ファイル名はopen-ie-linkという感じにするといいかもしれません。

で、とりあえずテストとして、先ほど保存したシェルスクリプトにWindowsのインターネットショートカットを食わせて、 キチンと動作するか確認します。だいたいこんな感じ。

$ ./open-ie-link Google.url

で、うまいことスクリプトが動作すると、多分あなたのLinux上でのデフォルトのブラウザで、 先ほど食わせたリンク先が開くと思います。まあそれが確認できたら次。

ここから先はGUIで作業をします。

手順としては、

  1. インターネットショートカットのファイルを右クリックなりでメニューを出す
  2. プロパティを選択する
  3. プロパティが開けたら、開き方タブを開く
  4. 追加をクリック
  5. コマンドを直接指定するで、先ほど作成したシェルスクリプトのパスを指定します
  6. 追加をクリックしてスクリプトを追加します
  7. ひとつ前の画面に戻り、開き方タブで、先ほど追加したスクリプトが選択されているのを確認して画面を閉じます

という感じで、この作業を終えた後、Windowsのインターネットショートカットファイルをダブルクリックするなりして開くと、 はれてあなたのデフォルトのブラウザで、インターネットショートカットが開けるようになります。

ちなみに今回はシェルスクリプトでgnome-openを使いましたが、他のDE使ってる方は、 xdg-openなんかを使うといいかと思います。

それで、作業の感想。

まあシェルスクリプトを作成するのにやや手間取りましたが、 それ以外は割とすんなりいったような気がします。

まあなんでそもそもこんな誰得な方法を思いついたかというと、 僕はイラストサイトを週に二回ほど巡回して、気にったイラストをリンクと一緒に保存する、 というのを、Windows使ってた頃からやってたんですが、その際インターネットショートカットを使っていて、 Linuxに移ってからも同じ方法を使っていた、というのがきっかけです。まあキモイですね。

まあそんな与太は置いといて、Linuxでインターネットショートカットファイルを開きたい場合には、 この方法を使えばいいんじゃないかと思います。

ということで、インターネットショートカットをLinuxで開けるようにする、って方法でした。