カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

フォントをふぉんとに変えました><

概要: しねまキャプションを廃止して、モトヤLマルベリにしてみた


こんにちま!

なんかこの間のモダンPerlの世界へのツッコミが注目をあつめた際、 みんなからそろいもそろって

フォントが見づらい!

と言われたので、こんちきしょーめ! ってコトでフォントをふぉんとに変えてみたよふぁっきん!


ということで、今日からシネマキャプションを廃止して、モトヤLマルベリに変えてみました。 これで、多少見やすくなったでしょう。多分LinuxとMacは大丈夫だと思いますが、 Windowsなんてしったこっちゃねーぜ。ああん?

若干ヤケクソ気味ですが、それはそれでどうでもいいとして、 やっぱり自分では気がつかないもんですね。やっぱり感覚が麻痺するというか、自分はLinux Mintで主に開発してるんで、 Windowsのように腐ったフォント環境でどう表示されるか気がつかないみたいです。しゃしゃしゃ。


というわけで、フォントをふぉんとに変えてみたという話でした。

途中口調がクチナワさんになってるのはキニシナイ。単なる中二病です。