カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

最近読み終わった本

概要: 暇なんで最近読み終わった本をアサマシついでに紹介してみる


こんにちま!

本日二回目の更新ですが、なんとなく暇なんで、最近読み終わった本を紹介してみるよ!

というワケでちぇけだーん!

囮物語 (講談社BOX)

囮物語 (講談社BOX)

囮物語 (講談社BOX)

囮物語 (講談社BOX)

西尾維新先生の化物語シリーズの最新刊。なでこメデューサ。 撫子ちゃんはラスボスかわいい、とか言ってたら、 本当にラスボスになっちまったでござるの巻、という一冊。

いやー、何というか久しぶりに萌えキャラ殺しを見たような気分。 化物語シリーズでは、死人は傷物語でキスショットがマルカジリした誰かさんぐらいでしたが、 その誰かさんに続く、死人二号が発生しそうな感じビンビンであ〜る(西博士風に)。

まあ西尾維新先生といえば萌えキャラ殺し、萌えキャラ殺しといえば西尾維新、 という感じなので、昔読んで大ダメージをうけた戯言シリーズの再来もかくや、 久しぶりに今すぐ続きが読みてーと思った一冊でした。

あ、本書は化物語シリーズの最新刊なので、化物語シリーズを持ってない方は、 一番最初の

化物語(上) (講談社BOX)

化物語(上) (講談社BOX)

から読んでいくといいです。

田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉 (オフレコ!BOOKS)

田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉 (オフレコ!BOOKS)

田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉 (オフレコ!BOOKS)

田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉 (オフレコ!BOOKS)

ホリエモンこと堀江貴文氏とテレビの討論番組でおなじみ田原総一朗氏の対談本。 ホリエモンの本は書い揃えているので、本書も買った次第。

中身はどんな本かというと、今回ホリエモンの実刑が確定したことに関して、 反省会というか、振りかってみよう、というのが半分、 刑期を終えてからどんな事したいですか? みたいなのが半分、という所。

なんというか、ホリエモンが今後どうして行きたいか、というのを本人がどう考えているか、 というのを知りたい場合には本書は有用だとおもいますが、 ホリエモンのする事なす事に興味なかったり、 ホリエモンの事を揶揄して悦に入ってる人は買っても意味ないでしょう。

まあ買ったり買わなかったりというのは好き好きだと思います。

世界一楽しく儲かる金持ち教科書

世界一楽しく儲かる金持ち教科書

世界一楽しく儲かる金持ち教科書

世界一楽しく儲かる金持ち教科書

タイトルからして胡散臭げですが、そのタイトルに釣られて購入した一冊。 Amazonの画像ではわかりませんが、オビにホリエモン推薦! とか書いてあったので、 それも購入した根拠の一つ。

で、この本書、どんな本やねん? と思ってたのですが、読んでみるとなんてことない、 eBayで仕入れてヤフオクで売るという、実にシンプルな、いわゆる個人輸入に関する一冊でした。

で、それだけ? かというと、まあ内容の概要はそれだけなんですが、 それだけじゃあ本にはなりませんというか、本書は

eBayで仕入れてヤフオクで確実に儲けるためのノウハウがキッチリと書かれている一冊

ということが言えるんじゃないかなーと思う一冊です。 っていうか俺、金儲け系の本で、久しぶりにアタリを引いたなと感じました。本書で。

オークションで儲けるっていうと俺もよく分からなかったんですが、 まったく初心者でも儲ける手順はなんとなく理解できましたし、 やる気と意欲さえあれば、誰でも収益を挙げられるんだなーというのが、 よくわかる一冊だったと思います。

でもアレですよ。本書のやり方から外れれば収益はそう上がらないでしょうし、 オークションの仕組み、参加の仕方、連絡の仕方、発送の手順とか、 そういったことは学習してからじゃないと、うまく回ってかないのかなーと思います。

まあ他のビジネスにも応用できるのではないか、とも思った一冊なので、 買っといて損はない一冊じゃないかと思います。

自分の頭で考えるということ

自分の頭で考えるということ

自分の頭で考えるということ

自分の頭で考えるということ

将棋界のスターである羽生善治氏と脳科学者でテレビの司会でも有名な茂木健一郎氏の対談本。 確か本屋で面白い本はいねーがーいねーがーとさまよってる時にみっけた本だと思います。

で、内容は、今将棋界で起きている事をベースに、昨今の情報化社会で云々、 という感じの内容だったかと思います。ちなみに本書は2010年9月頃に出版された一冊。

まあ面白かったというか、面白くなかったというか、ある程度は興味深いんだけど、 ある意味では興味がわかなかったとういか。なんというか、 あんまり俺に向いてる本じゃなかったような気がします。 ほとんとふーんとかへーで終わってしまったというか。 そのせいか内容が頭にほとんど残ってない。

まあでも、羽生氏の著書とか、茂木氏の著書とか好きな人は、 本書は面白いんじゃないかと思います。僕はあんまり興味わかなかったですが。 なんかなー。あんまり印象が残ってないので、びみょーな評価にならざるを得ないというか。

ま、興味ある方は買ってみては? って感じです。俺はもう投げた(オイ

以上終わり

っつーわけで、最近読んだ本をざっと紹介してみました。 今回二回目です。前回は今月の17日

こうして見ると、俺って結構本読んでる? とか思います。 一ヶ月で七冊ぐらい読んでるとか、フツーはそんなに読まないっしょ。 みたいな。

まあ読んでる割にはアウトプットが少ない気がしますが、 今後は読んだ本とぐーたらと紹介していこうかと考え中。 Reviewsカテゴリカテゴリを作ったときみたいに、 丁寧かつ商売臭いレビューはなんか続かなかったんで。

今回紹介した本で、面白そうとか思う一冊があったら、 ふらっと購入してみてはどうでしょうか。なんか道とか開けるかもしれません。

というわけで以上、最近読んだ本の紹介でした。