カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

デザインを変えたコトと、最近の出来事に対する云々

えーっと、この日記、無貌断片をご覧の皆様、お久しぶりです。 にゃるらコト岡村 直樹(24)でございます。

表のブログ、

は先月に結構更新していたのですが、こっちは完全放置でした。マジすいません。

で、その間何が有ったかというと、まあ鬱病になったり、 むずむず脚症候群みたいな症状が出たけど薬飲んだら治まったりとか、 色々と有ったんですが、その辺りのコトについては、

を参照していただければと思います。

デザイン変えました。

で、挨拶はそんなもんにして、最近のコトを。

前々からこっちの日記をWebで見てる方は気がついていると思いますが、 本日、無貌断片のデザインを変えました。

デザインの基調となっているのは、 この間デザインを変更したけど告知してない空繰再繰のデザインで、 今回はブラウザ間の見た目の違いの吸収に、reset.cssを使わず、

を使ってます。

まあ前に空繰再繰で書いたように、 カッチリとしたデザインを行うには向いてない気がしますが、 普通の記事ベースのブログなり日記になりに適用する分には、 大変使いやすく、かつ見た目も美しくなりやすいため、 それなりに気に入っております。

まあなんだ、これからの時代は、reset.cssじゃなくて、 normalize.cssですよ! とかいい加減なコト言ってみる。

違法ダウンロードに刑事罰がついた件について

前というかこの記事の一個前に、

という記事を書いたのですが、懸念してたコトはこの記事と変わらず。 まあ閲覧罪というか、インターネット音楽動画鑑賞罪、 というのが実態になるのかなーと思ってます。

というか、幇助まで範囲を広げたら、ニコニコ動画とか、 あるいはYouTubeとか、ちゃんと運営可能なの? という疑問がついて回ってるのが最近の感じです。

だってアレですよ、もしニコ動 or YouTubeを閲覧した罪(not うp)で逮捕者が出たら、 当然ニコ動 or YouTubeは幇助になるし、 また違法な動画を削除せず放置した、ということで、 なんだっけ、送信可能化権の侵害の主犯になるわけで、 二重に罪が重なり、立件されて運営がお取り潰しになる、 というのが否定できねーよって感じじゃないですか。 その辺りどうなるのかなーとマジで思います。

あと、創作エロ関連の規制への動きで自民公明はクソ、だと思ってましたが、 民主党も民主党で、本当にクソのような政党だという事がはっきりしてきたので、 とっと政界再編なりでつぶれてほしいと思います。当然、 自民公明もつぶれて欲しいですが、

まあでも、今度の選挙はどこに入れようか、って感じですね。 僕の住んでる地域は岡田克也が強いですし、間違っても自民公明民主には入れないけど、 共産とか社民は弱小で入れても死票になるし、入れる先としてみんなの党? って感じです。

まあ政党云々はどうでも良いとしても、今のダウンロード罪に、

  1. 著作権侵害罪の非親告罪化
  2. ダウンロード罪の対象著作物が、すべての著作物に

の二点がなされれば、マジでインターネット使用罪のごとくになるので、 そこらあたりマジで心配です。

著作権侵害の非親告罪化については、これが現状の著作権法のまま通ると、 二次創作同人とかのヲタ文化が壊滅する恐れがあり、 これはこれで別件として問題があるわけです。

僕自身は、エロ同人とか、あるいはニコ動で行われているパロディMADとか、 二次創作同人全般の、権利的に非常に曖昧なグレーゾンに関しては、 金銭が絡むにしても常識的な範囲で明確に合法化すべき、だと思ってますが、 まあなんだろ、今の国政のふぬけどもののあり方からするに、 あんまり期待できないなーと思ってるのが現状であります。

あと一番怖いのはダウンロード罪の対象著作物の全著作物化で、 これがなされると、Tumblr見ただけで逮捕の対象になるとか、 あるいは2chまとめブログ見ただけで逮捕されるとか、 結構グレーだけど人気のあるネットコンテンツのたぐいを、

見ただけ!

で、逮捕勾留起訴有罪のリスクが現実のものとなるので、 これだけは何としても防がないといけないといけないのかなーと思ってます。

さらに、この著作権侵害の非親告罪化と、ダウンロード罪の全著作物化が組合わさると、 警察がグレーゾーンネットコンテンツの閲覧者を、片っ端からしょっぴける事となり、 もうネットを利用するのが犯罪のごとくになる可能性も否定はできないと思います。

ちなみに。

ダウンロード罪がなんで見ただけとか鑑賞しただけで罪になるかというと、 ネットコンテンツは基本的に、見るだけ、あるいは鑑賞するだけでも、 常時ダウンロードが発生しているからです。

これはまあ通信が上り下り無しでは成立しないのと一緒ですが、 インターネットは、基本的にダウンロードとアップロード無しでは、 どうがんばっても成り立たないところが関係しています。

わかりやすく言うと私たちがネットコンテンツを見る時、 私たちの情報端末は、ネットコンテンツの公開サイドから、 ネットコンテンツを取り寄せてて閲覧しています。

当然のコトながら、ネットコンテンツはコンテンツの公開サイドから取り寄せなければ、 閲覧することはできません。当たり前ですね。手元にコンテンツは無いんだから。

で、このネットコンテンツの公開サイドからの取り寄せを、 私たちはダウンロードと呼び、今回刑事罰の云々は、 ネットのからのコンテンツの取り寄せの内、

  1. それが著作権を侵害していると知っていて
  2. それが音楽と動画であり
  3. かつストリーミング再生で無い場合
  4. 著作者の訴えがあれば、罪に問われる

という風になっています。

まあこの辺り、 実際どういう風に運用されるかはまだ施行されてないのでわかりませんが、 現実としてはこういう感じです。

まあなんで、tsudaるの人とか弁護士会とか色んな人が、 ダウンロード刑事罰化に反対してたわけです。

で、それを自民民主公明はろくすっぽ議論もせずに、 あっさりと通しちゃったわけです。マジふぁっく!

まあとりあえず。 これが日本のインターネット終焉の始まりにならなきゃ良いんですけど。

とりあえず最近のコトで言いたい事は以上

まあそんな感じでした。

ああ、久しぶりに言いたいコトぶちまけましたが、 日記に記事が書けるっていいですね。結構すっきりします。 すっきりしても現実は変わらないですけど。

まあこっちの日記は、また気が向いたら更新していけたらなーと思います。 どっちかっていうと主張系で。

ただなー。前に作って放置してるはてなブログが言論系ブログなので、 こっちの用途と激しくかぶっていて、 それが微妙だなーと思ってます。

あと普通の日記だと今度は今のTumblrアカウントとかぶっているので、 それも微妙。まあ今のTumblrとこっちの日記は微妙に違うんですが、 なんか似たような感じなので、その辺りの使い分けががががが。

ま、あんまり深く考えなくても、その辺りはなんとかなるでしょう、 という事にしておきます。とりあえず今は考えない(キリ

という事で、以上、久しぶりの更新でした。

ノシ