カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

はてなは一流より、皆から愛される作画崩壊アニメのような立ち位置を目指すべき

なんかはてブのリニューアル後のデザインについて、 はてなーからボロックソに罵られてるのを見て、 思ったことを正直に書いておく。

ちなみに最初、僕のはてなブログ、

に書こうかと思ったけど、あっちは読者がほとんどいないため、 あえて読者数の多いこっちに書くことにした。反省など(ry

はてなはどこまで行っても一流になれない

正直に言うと、ぼくははてなに対する印象は、 最初にはてなを知ったときから、今日の今日までほとんど変わってなくて、

という会社は、どこまで行っても二流止まりの会社である、と思ってる。

昔はなんでそう感じるのかは分からなかったけど、 今なら何となく分かるんで書くと、はてなという会社は、

  • マントラ=真言=核となる理念

が、

  • 無条件に感じ取ることができない

から、そう感じるんだと思う。

大体、はてなのサービスは、

  • はてなブログ
  • はてなダイアリー

で、かぶってるし、

  • はてなブックマーク

は、まあ紛争地帯だし、その他誰得なサービスを作っては公開して没にしたりと、 いったいこの会社はどこへ行きたいんだ? っていうね、

  1. 会社の決定について
  2. 何を決めるにしても
  3. 核となる理念

が、本当に会社全体に行き渡ってるのか、 はてなの社員達が理解しきっているのか、 あるいは、本当にソレが存在するのか、 っていう疑問が、僕は拭うコトができない。

例えば僕のなんちゃっていうとかやったもんがちラボ、

の核となる理念=真言=マントラは、

make better web

と定めていて、僕もそれに沿ってコンテンツなり、 Webサービスをひっそりと開発するなりしてるけど、 はてなの場合、この、

  • 核となる理念=真言=マントラ

が、きちんと定まってないか、あるいは見失っているかをしてると思う。

で、さらに言えば、僕が名前を知っているWeb系ベンチャーで、 分け分からんサービスとか分け分からん挑戦ばっかりしてるような印象のある、

という会社があるけど、ここのマントラ=真言=核となる理念は、 これはもう一発で理解できるように、

面白法人

という明確な立ち位置がある。

で、もうちょっと例を上げるとすれば、 例えばGoogleなら、この世すべての情報を整理する、だし、 例えば初期のAppleなら、すべての人にコンピューターを、という感じで、 誰もが認める一流の企業であれば、この、

  • 核となる理念=真言=マントラ

が、定まってるはずだし、このマントラがぶれたり、あるいは見失ったりすると、 その企業は没落の果てに、

  • 倒産

とか、あるいは

  • 解散

という結末を迎えるのだと思う。

はてなはどこを目指すべきか

まず、ぶっちゃけて言うと、

という会社は、決して一流企業にはなれない、と僕は思ってる。

なぜかと言えばそれは核となる理念=真言=マントラを感じ取れないからだし、 そも昔なんかのインタビューで、

日本のGoogleを目指す

とか、かなりお寒いことをid:jkondoが言っているコトから考えるに、 たぶん、はてなは革新的なサービスを生み出すコトはできない。

じゃあ、一流になれない、いわば二流はどこを目指せば良いか、 というと、それは、話題沸騰となる、作画崩壊アニメのような、 ネタとして消費され、かつ、皆から愛されるような、 愛される二流キャラ、というのを目指せばいいんじゃないか、と思う。

つまり、愛されたもん勝ち、というコト。

その点、はてなはコアなユーザーが結構いるし 、なんだかんだ言いつつも、はてなから離れるコトが出来ないユーザーがいる、 というコトは、はてなの強みである、と僕は思う。

ならばどうするか、って話で、 これもう一流を目指すさわやかはてなを志すより、 ごった煮闇鍋状態の、混沌はてなを目指す方が、 ユーザーを捕まえたまま離さない、という点では、 そちらの方がいいんじゃないか、と思う。

まとめ

  1. はてなは決して一流になり得ない
  2. というかマントラを感じ取らせない限り一流は無理
  3. 一流が無理なら愛される二流で良いじゃない

という感じ。


あと、僕ははてなのリニューアル後のデザインは割と好みなんだけど、 僕はそもそもはてなブックマークのトップページとかさっぱり見なくて、 Google Readerで興味のあるカテゴリとかタグのフィードを購読してるだけなので、 トップページとか割とどうでもいいわーって感じではある。

ただまあ既存ユーザーに不評というのもアレだし、 はてなの強みであるコアユーザーが片っ端から離れていくと、 間違いなくはてなはつぶれちゃうと思うので、 その辺りの舵取りは難しいのかなぁと思う次第です。

というコトで。今日の記事は終わりです。

一読、ありがとうござりました。