カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

いまさらソーシャルとかアプリに参入しても遅い

今日昼飯を買いにいったときに考えてたコトを書く。

スマフォアプリ開発? 君たちは、いったいどれくらい既存アプリがあると思ってるんだい? (QB風に

まず最初。

今本屋の技術書コーナーを見てみると分かるんだけど、 よっぽど専門的なヤツじゃない限り、あれもスマフォ、 これもスマフォ、どれもスマフォ……のアプリ開発の本ばっかりだったりする。

で、今はスマフォアプリ開発が一番栄えているわけだけど、 もしスマフォ開発に参入したいなーと考えている場合、

ということは頭の角に叩き込んでおく必要がある。

というのも、スマフォアプリは今、 本当にものすごい勢いで増殖していると思うんだけど、 これほどまでに増殖してるってコトは、それは即ち、 スマフォアプリは、もう飽和状態にあるのではないか、 と考えた方が良い、と僕は思う。

で、すでに飽和してる市場で勝負する、ということは、 それはもうよっぽどうまく立ち回らないと勝負にならない、 ということじゃね? と僕は思うし、 大体こういう飽和市場で勝てるところっていうのは、

  1. 組織の頭が柔らかい
  2. 資金的な体力がある
  3. 優れた人材がそろってる

という所ぐらいじゃないかなーと僕は思う。

ソーシャルはいくつもいらない! ソーシャルは一つで十分だ! (MGS風に

次。

今猫も杓子もソーシャルなんとかになってる気がするけど、 僕は正直、ソーシャルなんとかはそのうち強い所だけが残って、 あと他は全部更地になるんじゃないかなーと思ってる。

これは以前、

という記事で書いたコトとかぶる気もするけど、 今のWebはどいつもこいつもソーシャルなんとかになっていて、 いい加減、飽きられるんじゃねーの? とか思ってるし、 かつあまりにソーシャルなんとかでの事件が増えてくると、 こりゃ法規制した方が良いかもね、って主張が出てくるわけで。

そしてさらに言えば、猫も杓子もソーシャルなんとか、ってなってるってコトは、 それはプレイヤーが市場に増えてきていて、かつ飽和しつつあるのではないか、 ってコトで、これもよっぽどうまく立ち回らないと、 成功できないんじゃないか、と僕は感じている。

特に人間関係がメインとなるソーシャルなんたらは、 些細な人間関係のこじれが、大・炎・上になったりするし、 あるいは、炎上事件での攻撃対象が、ふとした瞬間に運営に向く、 というコトも考えられうるわけで、その辺りも考えた上で、 ソーシャルなんたらに手を出すかどうか考えた方が良いのではないか、 と僕は思う。

結局何が言いたいのか

  1. 流行ものは賞味期限が短い
  2. 流行ものに乗っかるならよく戦略を練り柔軟に対応すること。ピボット重要
  3. 流行ものに参入=競合各社が多いって覚悟すること

という辺り。

まあこれほどソーシャルだのアプリだのと騒がれてる現状で、 それらをメインディッシュにして事業参入するのは、 ちょっち悪手じゃね? と思ってる。

んで、ソーシャルなりアプリなりに参入するんであれば、

  1. メインディッシュとなるサービスなりをきちんと提供し、
  2. かつメインディッシュを引き立てる副菜として、
  3. ソーシャル機能や専用アプリの提供を行う

という感じにした方が良くね? とか思ってます。

まあ、ぶっちゃけソーシャルもアプリも、先行者利益がおっきいし、 周りが俺も俺も、って言う状態で参入しても、そのうちに賞味期限切れちゃうじゃん! とか思います。

まあ賞味期限が切れたとしても、多少のコトなら食べられるけどね。

いじょ

とりあえず今日考えてたコトは以上のような感じ。

まあメンヘラニートの思いつきなんで、 それちゃうやん、みたいなコトもあるんじゃね? と思いまふ。

ま、各自この辺りのコトについては自分でよく考えましょう。

以上でおわります。

まる