読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Diary


概要: ジェバンニが一晩でやってくれました


とりあえず、

の方にも、デザイン変えたよ記事は書いたんだけど、とりあえずこちらでは、一応技術的な話を書いておく。


僕がWebサイトを作るときに使うモノ

2014年1月26日現在、基本的に僕は、

  • Javascriptは極力使わない
    • → ブログの機能を補うためには使う
    • → ただし、使うJavascriptは単機能で完結するようにする
  • CSS frameworkには、purecss.ioを使う
    • → レイアウト関係のめんどくさいCSSはpurecss.ioに任せてる
    • → が、基本的にはグリッドとかそういうのしか使わない
  • Web Fontsは気に入ったものを最低限のみ使う
    • → Google Web FontsとFont Awesome
    • → 今使ってるのはこれ → Gentium Book Basic

という感じでWebページを組み立てていて、

  • TwitterのBootstrapとか
  • あるいはjQueryとか

は、使わない感じなんだけど、僕はどうも、

  • Bootstrapの様なフルスタックCSS frameworkは好みではないっぽい
    • → これはプログラミングのframeworkでも同じことが言える
  • jQueryはもうレガシーだと思ってる
    • → 確かに使うと便利なんだけど、結構重量級のイメージがある

と感じてるっぽい。

で、僕のプログラミングや、あるいはWebデザインのframeworkの好みとして、

  1. シンプルであること
  2. 単機能であること
  3. 軽量であること

はどうも外せないというか、まあこういうの以外使いたくない、という感じなので、どうしても自分のWebサイトとかでは極力避けたいな、と思ってしまう。

特にBootstrapはHTMLが汚くなるというか、何がどうなってるのか把握できない面があって、その辺りの挫折も若干関係している様な気もする。

ちなみに僕は lessscss とかも使ってない

意外と思われるかもしれないけれど、僕は基本的にCSSを書くときに、

は、まったくもって使ってない。

っていうか今だと Gruntfile.js 使えば、自動コンパイルとかできるんだるけど、その Gruntfile.js を書くのがかなりめんどいし、あとCSS compilerの類いは、使うと便利そうなんだけど、なんか使う気が起きなくて、今の今まで使ったコトが全くもって無い。

で、多分これ僕がHTML template engineで、haml とか jade とかが使う気起きない理由と同じだろうとは思うんだけど、僕はどうも、HTMLなりCSSなりの、元となる言語とかけ離れてるメタ言語、というのをあまり好んでいなくて、それがまあLESS とか SCSS とか使う気起きない理由なのかなーとは思う。

あと、やっぱりコンパイルめんどくさいっていうのもあるし、自分に取って、CSSをごりごり書いた方が分かりやすいっていうのあるんじゃないかなーとは思う。

ただまあ、大規模開発だとか、あるいはフレームワーク開発とかで、 LESS とか SCSS とか使わずに開発する、というのはちょっと無茶じゃね? とかは思うので、そういう機会に接することになれば、多分使うんじゃないかな、とは思う。

まあでも、そう言ってる割にはCofeeSscriptとかは使うんだよなぁ。謎だ。

複雑はframeworkは、後のメンテナンス性を下げると思う

あと余分な話だけど、僕は複雑なJavascript frameworkとかCSS frameworkは、かえってメンテナンス性を下げると思っていて、それは何故か、というと、

  1. そのframeworkが廃れたとき、メンテする人がいなくなる
  2. そのframeworkに大規模な変更が加えられた時、メンテするにのに困る
  3. あとそのrameworkに対して、結構な学習コストがかかる

という辺りのコトを考えているんだけど、本当、PerlだろうとRubyだろうとHTML + CSSだろうとJavascriptだろうと、本当に、

  • 重量級の複雑なフレームワーク

が嫌いで、何でも軽量指向を組み合わせて作ろうとするんだけど、本当に僕は、その辺りが嫌いというか苦手というか使いたくなくて、なるべく軽くて軽量なモノで済ませられるなら、それで済ませてしまいたい、と思ってしまう。

でも、大規模開発となってくると、その辺りの融通が効かなくなってくるというか、軽量かつシンプルなframeworkを使ってしまったがために、かえってややこしいことをして複雑性が増すのではないかなーとも思っていて、その辺り、まあ組織の一員として開発するのであれば、重量級のframeworkも使わざるを得ないかなーとは思う。

けれども、今日この記事で書いてきたように、僕個人のProductでは重量級のframeworkは使う気はないかな、と思います。色々覚えるコストが高いし、あと実際動かすのにリソース喰うんで。そんなに潤沢にサーバとか無いよ!

という訳で、デザイン変えました記事にかこつけたframework語りは以上です

なんか自分語りっぽくなってますねー。と正直に自分で思う。

ただまあ、本当、僕は重量級だとか複雑なframeworkの類いは嫌いで、なんか使いたくない! となっているんですが、多分こういうわがままも、就職したりすると出来なくなるんだなーとは思います。おそらくは、NEETである間の特権かな、とも思う。

で、あと組織で開発するときとかには、軽量かつシンプルなframeworkを使う、という選択をする場合、

  1. そのframeworkはきちんとメンテされてるか
  2. あるいは自分がいなくなったときに、引き継ぐ人が困らないか
  3. コンポーネント化の融通は効くか

という所をきちんと見ないと、あとでハマるような気がします。僕は実戦経験ないんで、なんとなく勘で言ってますが。

ま、今日の記事というか、言いたかったことはそんな感じですかね。

というコトで、今日の記事はこの辺りでお開きにしたいと思います。

おつかれさまでした。まる。