カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

家入一真 ( @hbkr ) という人は、意外とすごい人なのではないか。

と、僕は最近思うようになった。


で、なぜそんなコトを思うようになったかというと、きっかけはこれ:

僕は正直な所、家入さんのコトはベンチャーとかスターアップを経験した、面白ネット芸人みたいに思ってたんだけど、この政見放送の書き起こしを見て、

あ、この人、意外と良いこと言ってる。

と結構関心したんだよね。

まあなんで僕が家入氏を面白ネット芸人と思うようになったか、というと、例のstudygiftの炎上事件とか、あるいは携帯電話番号をなぜかTwitterに晒してるとか、最後にReTweetの数が一定数超えたら都知事選に出馬するとか、そういう、なんだろう、まあ、そういう所から、ものすごい小者感を感じ取っていて、

なんか、関わり合いになりたくない

とか真面目に最初は思ってました。


けれども。

僕は、さっきリンクを貼った、

とか、あるいは、

見て、正直ちょっと家入一真氏への見方が変わって、

あれ、もしかして、この人が都知事になると、今よりかは結構世の中マシになるんじゃない?

とか、割と本気で思うようになった。

まあ、基本的にあんまり面倒ごとには巻き込まれたくない感はあるんだけれども、それでも、家入氏は結構真面目、っていうは、本当に真剣に政治とか社会と向き合う気でいるんだな、というのは感じ取れて、他の泡沫候補とか、あるいは今のメジャー級爺候補よりかは、遥かにマシなのではないか、この人は、もしかすると、世の中を本当に良くしてくれるんじゃないか、と。


で、僕は割と本気で、まさかの家入一真都知事当選を信じているんだけれども、まあでもこの人が都知事やるとしたら、多分もめ事というか、大炎上の一つや二つは起きるだろうし、あと、なんだろう、イエイリさんの逃げ癖みたいなのが原因で、まあ、都政に危機が! とかも割と起きうるんじゃないかなーとも思ってるんだけれども、それでも、家入一真氏が都知事になることで、結構日本は変われるんじゃないかな、という可能性みたいなモノは感じ取っているように思う。

まあでもぶっちゃけあの人が知事やってる都道府県に住みたいか、と問われると、まあ微妙かな、とは思うけれども、それでも他のじーさん連中よりかは遥かにマシだとは個人的には思う。だって他の政治家ってじじぃばっかりだし。表現規制関連の問題でも、微妙なのしかいないし。


あとまあもう一つ確かに言えるのは、堀江貴文氏が出馬会見で言っていた(と書いてあった)コトでもあるけれど、彼の人は一応、引きこもりだった状態から、会社を興して、上場させて、かつそれをバイアウトして、っていうコトは成し遂げた人物であるワケだし、また、その後の活動でも大炎上とかしたけれど、それを乗り越えて今でも活動をし続けていて、かつ、冗談みたいな出馬宣言して、それを真面目にやって、かつ本気で政治とか社会とかと向き合おうとしている、というのは、結構すごいというか、並の人間には出来ないコトなんじゃないかな、と思う。

まあ、それでいて尚、小者っぽさしか感じさせない、というのが、あの人のヘンな所だとは思うんだけど、その辺りが、一部の人の熱狂的な支持や、あるいは親しみやすさにつながっているのかな、と僕は思います。


まあ、僕としては家入一真氏は押しかな、とは思うけれども、彼の人は彼の人で、絶妙に微妙なトコロがあるので、その辺り、非常に悩ましい感じではあると思います。だってまあ、正直、そんなイエイリで大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない! とは言い切れないですしね。おすし。

で、あとまあ多分、誰々に投票してください! とか言うと公選法とかに引っかかると思うので、その辺りの加減も含め、まあ都民の人は、本当に都知事にふさわしヒトは誰なのか、よく吟味し、かつ決意を持って投票に向かってほしいな、とは思います。


あと、できれば僕みたいな若い世代のヒトも、選挙には積極的に行ってほしいと思います。だって、このまま若い人の投票率が低いままだと、ガチで老人民主主義による若者の下僕化みたいなのが固定化されかねないですしね。本当、ジジババの方向だけを見た政治、というのはマジ勘弁、って感じですしね。僕としては。

まあそんな感じでまとまりが無い感じですが、今日の話は、僕が、

家入一真 ( @hbkr ) という人は、意外とすごい人なのではないか

と思ったのはこういう理由だよ、という話でした。

それでは。