カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

結局の所、最後はすぐれたコンテンツを創れるヒトが勝つ

概要: 最近、2chまとめ系ブログのPage Rankが軒並み下がってるらしいコトに関連して


まあ、タイトルで言いたいコトは全部言っちゃってる訳なんだけれども。

今日、たまたまどこか経由で見かけた、

という記事で、

2chまとめ系のブログが軒並みGoogleから除外されてるらしい

という話を見知ったのだけれども、その時に思ったのは、

結局の所、最後は自分でコンテンツ生み出せるヒトだけが生き残るんじゃね?

みたいなコトを思ったので、今日はその辺りについて書く。


まあ正直言うと、僕は2chまとめブログについては、

  • アンチでもなく
  • 肯定するでもなく

という感じで、まあ前は多少見ていて、今はほとんど見てないって感じだったんだけど、広告がべったべったと貼られている、あの美意識のクソのかけらも無いブログデザインについては、まあ、よくそこまで儲けに走れるなぁ、とかは思っていた。

で、あと、2chまとめブログ系統の無駄に煽ったタイトルとか、あとは印象操作を平然とやってる所とかについては、

ああ、またやってるなぁ、こいつ

みたいな感じで冷めた目で見つめていたんだけれども、まあそれでも結構無関心というか、どうでも良い、っていうのが正直な所だったかな。2chまとめブログ系列に関しては。


で、今回のGoogleによるペナルティだけれども、まあこれは僕は妥当かな、と思う。

というか今回のGoogleのペナルティっていうのは、

  1. 他のブログと重複したコンテンツを
  2. 下品にアレンジしたゴシップサイト等は
  3. NO THANK YOU !

という、Googleの意思表示なのではないかな、と思う。

まあ要するに、

内容コピペのクソサイトはGoogle神の検索結果に掲載するに値しない!

というコトなのではないか、と僕は思う。ちょっと言い方は過激だけれども。


んで、話は変わって、僕は昔から小手先のSEOとか信じてなくて、正式、というとちょっと変なんだけれども、まっとうなSEOというのは、

  1. HTMLをキチンと構造化する
  2. 質の高い、ヒトに読まれる or 見られるコンテンツを創る
  3. スパム的行動をしない

というコトなのではないか、と思っていて、これ以外のクローラーに対するSEO対策、というのは、基本的にスパムとして扱われるのではないか、とも思ってたりする。

無論これらの他にもアクセスアップ術は存在していて、これは例えば、

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

といった本にも掲載されているのだけれども、こういったアクセスアップテクニック、というのは、僕は基本的には、 ブログの運営術 の類いであると思っていて、アクセスアップが見込めるとしても、まあ SEOではない 、とは思うんですよね。個人的には。

で、まあ僕は基本的に、真っ当なアクセスアップ術であれば、どんなアクセスアップ術であれ、

  1. 顧客(=読者)が真に必要としいる価値(=コンテンツ等)を創り
  2. その価値(=コンテンツ等)を顧客(=読者)に提供し
  3. それによって対価を得る(=アクセスアップや、広告収入等)

という、という ビジネスの基礎中の基礎 を、

  • いかにしてブログ運営に応用し、かつそれを回していくか

というコトを言い換えたり、あるいは応用術を示したモノにすぎない、と僕は思っていて、そういった意味では、

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

  • 作者: エリック・リース,伊藤穣一(MITメディアラボ所長),井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 24人 クリック: 360回
  • この商品を含むブログ (94件) を見る

とか役に立つのではないかなぁと僕は思います。まあリーン・スタートアップは一回読んだだけで、内容は完全に理解しきってないけど。


で、あと、最後になっちゃったけど、こういったアクセス集めとか、あるいはビジネスにおいてもそうだけれども、最終的に強いというか生き残るのは、

  • コンテンツを創り出せるヒト

である、と僕は思っていて、それは何故か、というと、

  1. プラットフォーマーは色々と強いけど、コンテンツホルダーがいなければただの箱
  2. まとめ系 or マッシュアップ系のサービスも、元のコンテンツが無ければ稼働できない
  3. よって、コンテンツが無ければ回ってかないところは、最終的にコンテンツホルダーがいなければどうにもならない

という辺りが理由で、

Contents of King

っていうのは、まさにその通りだなぁと。

まあだから、結局の所、

  • コンテンツ=価値のあるモノ

を創り出せる、ということさえできれば、例えば依存していたプラットフォームがつぶれたり、あるいは衰退したとしても、他のプラットフォーム乗り換えたり、あるいは、自分で、小さなプラットフォームを活用して自前で場を創ったり、ということができるので、その点でも、やっぱり自前でコンテンツを用意できる所は強いんじゃないかな、と思う。まあそれが、例え個人だとしてもね。


ま、とりあえず今日おもったコトはそんな感じですね。はい。

なんか最初の方の内容と、後ろの方の内容とが、微妙に話変わってね? とか思わなくもないんですが、まあ正直、誰かのコバンザメしてるだけでは、最終的には生き残れないってコトで。

あとはまあなんだろ、Naverまとめとか、Tumblrとか、そういう複数のコンテンツの集合体であるプラットフォーム自体が、価値の低いコンテンツの塊である、と見なされちゃうと、ちょっと困るなぁとは思うんですが、まあGoogleもそこまで鬼じゃないとは思いたいです。はい。

ま、そういうコトで今日の記事はそんな感じですかね。ということで以上です。

メシ食ったら、待ちに待ったRebuild.fm #30でも効きますかね。@miyagawa さんのPodCast。