カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

個人的なメモ: iPhone 5だけで本の非破壊スキャンはあまり現実的ではない

という結論に至ったので、その辺り書く。


ぶっちゃけ、

* @drikin さんのオヌヌメするカメラアプリ + ノイズ修正アプリを組み合わせたら、iPhone5で当社比三倍の驚きの写真が撮れた件 - Nyadgets !

という記事で紹介したiPhoneアプリを使えば、解像度の低いiPhoneやiPadのカメラでも、鑑賞に耐えうる写真を取ることは可能。

なんだけれども、本のスキャンの課題として、

  • リボン状の本の見開きのゆがみの補正

を、綺麗に行えるアプリやソフトウェア等が、

  • 富士通のScanSnapの付属ソフトウェア

ぐらいしか実用化されてないっぽいため、鑑賞に耐えられるほどの、本の非破壊スキャンは不可能だという結論に達した。


で、本の非破壊スキャンに関しては、現実的な手段としては、

  1. OpticBook シリーズ
  2. またはScanSnap SV600

を購入し、マゾい人力スキャンを行うしか方法はない。

まあかなりの額を投資できるのであれば、結構高価な機器を導入すれば、本の非破壊スキャンもできないコトはないっぽいのだけれども、そんなコトをするぐらいなら、同じ本を二冊買ってきて、片方をスキャン用、片方を観賞用にすればよい話なので、あんまり経済的な話ではない。


ということで、本の非破壊スキャンに関しては、まだまだCDをiTunesに取り込むほど楽ではないっぽいです。はい。