読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Chromium OSにopen-vm-toolsを入れようとしたけどダメだった

概要: しかしながら、Chromium OSのChrome OS化は出来た。


本日の失敗案件です。


実は、昨日と今日とで、

のビルドをしたり、あるいはパッケージを追加しようと試みたり、というコトを行っていました。が、結論から言えば、

  1. Chromium OSに open-vm-tools はインストール出来なかった
    • というのも、portage (Gentoo用) の open-vm-tools が地雷っぽい
    • つかGentooのopen-vm-toolsはunstableだよ!!!
    • ちなみに解決できなかった問題は、GTK回りの依存問題です。南無三
  2. Chromium OSのビルド自体は非常に簡単だった。
    • ただし、チェックアウトとかビルドとかに結構時間がかかります
    • 要するに、『大佐、暇を持て余す』
    • あと、ビルド環境はUbuntu 12.04固定。
      • なので、その環境を整えるのは packer 使ってVM作った方が良さげ
      • あとVMには結構リソース振る必要があります
  3. あと、パッケージの追加等には、Gentoo力がかなり必要
    • つかChromium OSの今のpackage managerってportageですからね!
    • あと、portageが地雷原になってると、当然Chromium OSでも(ry
    • ちなみに今回はこれにハマりました。うん、もう疲れたよ。パトラ(ry

という感じでさんざんでした。一応途中までは楽しかったけど。


で、一応、昨日の時点で、

  • Chromium OSのVMware用VM Imageへのbuild

は出来てはいたんですが、いかんせん、起動してもなんにも映らねー状態で、これ死んでる(KPしてる)のかな? と思ったんですが、おもむろに、

  • Ctrl + Alt + F2

を同時押しして、TTY切り替えたらフツーにコンソールは生きてました。ナニソレ。

で、その微妙に画面が映らない、自前BuildのChromium OSで、Chromium OSをChrome OS化するという噂の、

$ cd /tmp
$ wget http://goo.gl/4suhf
$ sudo bash 4suhf

というコマンドを食わせたところ、一応Chrome OSの夢は見れてしまいました。が、やっぱりVMware Toolsの類いが入ってないので、あんまり使いモノにはならなかったという。

で、特にVMware FusionのVNCサーバ機能を使って、iPadから接続してみたんですが、どのVNCクライアントも、カーソルが反応しませんでした。南無三。


んで、まだ実験してないのが、

  • オリジナルのVMwareToolsをChromium OSにぶっ込む

という方法ですが、これはGentoo力が無いと厳しそうなので、どうしたもんかと考えております。まあでも、なんか方法は有りそうな感じですけれども。

あと、そもそも、なんでChromium OSとかChrome OSとか使いたかったか、っていうと、iPadでつないでFlashとか見れたら面白いかなーと思ったのが発端だったんですが、思った以上に全力で遠回り感があったので、なんとも言えない気分です。はい。

まあ、とりあえず、もうしばらくはいじって様子見てみます。色々知見もたまりそうですし。おすし。


というコトで本日の活動報告は以上です。

思った以上に、時間喰うだけで終わったよ!コレ!