カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

ぶっちゃけ、日本発のネットサービス会社大手なんて、情弱騙すものばっかり。ぜんぶ潰しちゃうのが、真の産業イノベーションにつながるんじゃないか。


Twitter / HiromitsuTakagi


久しぶりに ブラックにゃるら で書く。


ぶっちゃけ僕が思うに、高木先生が暗黙の内に示しているであろうネットサービスの大手っていうのは、

  • コアバリュー=マントラ=核となる信念

が、

  • 腐り果てて腐臭を放っている

から、こういうコトが起きているのだ、と僕は思う。

要するに、こういったWeb系IT大手でありながら、問題行動を起こすっていう会社というのは、高い理念とか理想とかそういったモノなどかけらもなく、ただ下品かつ愚劣なほどに、金儲けだけできればそれで良いってコトなんだろう、と僕は思う。

で、あと、こういう問題のあるIT系って、

  1. Facebookの詐欺広告しかり
  2. あるいは、件のYahooやBindのマルウェアサイト広告しかり

っていうのは、

  1. 中国系とか韓国系の企業そのものか
  2. あるいはそういったところと密接な関係のある企業

が多いのではないか、と正直感じているのだけれども、まあ言っちゃうと、こういう悪質企業は、片っ端から摘発して廃業に追い込むのも一つの手ではないか、と思う。

あれだよ、日本の検察はかつてLivedoorを恣意的に潰したほどの権限を持ってるんだから、難癖つけて潰すぐらい簡単でしょ? とか思います。


で、あと、個人的に心配するのは、

  1. クソみたいなIT大手が、クソそのものの企業活動して
  2. ベンチャーとかイノベーションとかを思いっきり阻害する
  3. 極大のクソのように凶悪なネット規制法が制定されるコト

なんだけど、多分、そういうクソのような企業ってそういう事考えてないよね、と個人的に思う。

あと技術者の末席に席をおいている身としては、こういった、

  • WebやITを邪悪な用途に使うクソの様な企業

からは、出来うる限り脱出してほしいと思うんですよ。

というのも、

  1. 邪悪な企業に勤める事は、即ち邪悪な行為を助長するコトそのものである
  2. 邪悪な行為で使われた真っ当な技術が、その価値を咎められる
  3. 邪悪な行為を行う企業をのさばらせるのは、引いては、IT系の焼き畑につながる

からだと僕は思うからです。

つかね、GreeとかDeNAとかLINEとか、その辺りって、技術的にはすごいコトしてるし、また優秀な人も結構いるから、まあ僕としては一応は尊敬したいんですよ。

ただね、GreeにしろDeNAにしろLINEにしろ、なんというか

情報弱者を食い物にしてる

という印象がどうにも抜けなくて、会社として尊敬できないんですよね。正直に言うと。

で、まあ僕の言ってるコトは所詮綺麗ごとかもしれませんが、正直言って、

  • コアバリュー=マントラ=核となる信念

に、

Make Better Things

という理念を抱いてるモノとしては、どうしても尊敬できないし、また、納得も行かないんですよ。ITを邪悪に使う連中っていうのは。

あとさっきも書いたけど、我が社はITを邪悪に使ってました、っていうのは、会社の価値が云々よりも、 そこに勤めていた普通の社員の人たちの価値を貶め、かつ、その尊厳を台無しにする、最悪の行為 なんですよ。

ぶっちゃけ、 会社が邪悪な行為に手を染めるってコトは、その咎を社員に背負わせる っていうコトなんですよ。日本人だと特にそういう傾向がありますが、今のネットって、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いじゃないですけど、上が腐ってたら、下も腐ってて当然だ! 連中は罪人だ! 石を投げろ! 殴り殺せ! って感じじゃないですか。で、上が邪悪な行為に手を染めると、そういうネットリンチの対象に餓えた連中バカに贄として、下の人間が焼べられるんですよ。その辺り、本当に分かってますか? と僕は言いたいです。


なんだろう、この記事を書いていて、かなりソウルジェム濁ってきた感がありますが、まあぶっちゃけ言いたいコトは、

邪悪に手を染めるヤツは、その罪に滅ぼされろ

ってコトですかね。まあ僕としては、罪の無い人たちまで、巻き添えには成ってほしくない、とは思いますが。


まあでも本当、このまま邪悪なインターネット環境が続くのであれば、もういっそ 民間のインターネット利用は完全に規制した方が良くね? とか最近思うようになってきてるので、その辺りちょっと危険かなーとは思ってます。

まあ本当、インターネットなりITを邪悪に使う連中は、本当に絶滅して欲しいですね。はい。

という事で、今日の ブラックにゃるらを終わります。