カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

最近Perlへの愛が戻ってきた気がする

という話です。


ここ最近、

で言っていたPerl Applicationのコードをバリバリ書いていて思ったコトを少し。


まあ、ちょっと前までは

Golang最高!!!!!!

という感じだったんですが、やっぱりWeb Applicaitonとか、あるいはPlugin Systemが組み込まれたApplicationを書くのに、

Golangめんどくせー!!!!!!

という感じだったので、久しぶりにPerlに戻ってきて、Perlをバリバリ書いていたら、かなり楽しくて、

ああ、やっぱり、Perlって、良いなぁ

と成ってました。

で、まあこれは、

  • Rubyから始めた人はRuby
  • Pythonから始めた人はPython
  • PHPから始めた人はPHP

に、同じ感情を抱くんじゃないかなぁと思いました。


で、僕は今、

  • とりあえず書ける

というレベルにおいては、

  1. Perl
  2. Ruby
  3. Python
  4. PHP
  5. Javascript (Node.js)
  6. CoffeeScript
  7. JSX (DeNA)
  8. Golang

という辺りが書けるんですが、これらのプログラミング言語において、

  • 完全にマスターしている

という状態の言語って、やっぱり、

  • Perl

ぐらいなんですよね。

で、Golangもほとんどマスターはしてるんですが、いかんせんChannel周りをまだ触った事ないという、

_人人人人人人人_
> Channel童貞 <
 ̄YYYYYY

というヤツなので、その辺りにおいて、まだ完全にマスターしている、とは言えないんですよねー。まあほとんどはかけますけれども。


で、僕は前々から、

  • 2ch互換の大規模掲示板アプリケーション

を作ろうとしてるけど放置していて云々、とか言ってたと思うんですが、これもGolangでは書くのがクッソめんどいので、とりあえず、

  • Perl !!!!!!!!

で、書こうかなぁと考えております。

というのも、今、すごいPerl力が高まってるというか、やっぱりPerlは作法を含め完全に分かってるし、あと面倒なあれこれも、どれ使えば解決できる、っていうものある程度把握しているので、その点でもPerlを使うのが、早くできて良いかなぁと。

まあ単に、Perlへ愛が復活してきたのもあるんですけど。


という事で本日の雑記は以上です。

まあ、とりあえず、最近の僕のプログラミングにおける傾向において、

Perlへの愛が戻ってきた

というのが、本日のお話でした。

と言うワケで記事は以上です。おわりまーす。