読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

言及

Diary Development Tips

概要: と言う事でDigitalOceanに Dokku 環境作った。


昨日の記事、

で、

Dokkuを使おうかと検討中

とか言ってましたが、某個人的Productのdeploy先にDokku使いたい! となったので、昨日あの記事を書いた後ぐらいに、

上で、Dokku環境を作っていたりしました。

で、上記タイトルのリンク先のQiitaの記事は、その際のまとめになります。


で、Dokku環境を手作業でUbuntu 12.04 4 LTS 上に構築してみたりしたんですが、Dokku環境、結構良い感じです。

んで、昨日Dokku環境を作って、今日、今まで使って来たDocker containerを移植していたりしたんですが、そのときに気がついたは、

  • Dokku 環境に適さないDocker containerは、無理してDokku環境に合わせなくても良い

というコトでしょうかね。

まあ僕はDocker hostでIRC GatewayとかIRC Bouncerとか動かしてたんですが、ぶっちゃけて言うと、IRC Gatewayに限らず、localhost向けにListenするサービスなんかは、Dokku用containerに押し込むにはちょっと相性が悪いです。

というのも、IRC Gatewayなんかはプライベートな環境でListenする前提ですし、あと、ZNCみたいに、HTTPとIRCのInterfaceが、SSL/TLS接続でどっちも接続できるみたいなヤツだと、まあ出来なくはないんだろうけど、ちょととややこしい事になると思うんですよね。

で、そこでじゃあDokku hostにそれらのDocker containerがdeployできないかっていうと、それはそうでも無くて、単に、

  • Dokku hostのDockerに直接Docker containerをdeployすれば良い

だけなので、今回僕は、旧Docker hostにdeployしてたIRC系のcontainerなんかは、基本的に Dokku を通さずに、普通のDocker containerとしてdeployとかしました。

まあなので、

  • Web Application のContainer –> Dokku を使ってdeploy
  • Web Application以外のContainer –> 直接Dockerにdeploy

という感じで使い分けるといい感じなのではないかと思います。


と言う感じで本日の記事はそんな感じですかね。まあ上記リンク先のQiitaの記事も含め、何かの参考になれば幸いです。

と言うコトで本日は以上です。終わります。まる。