カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

『技術者』としてのGoogleは好きだけど、『ビジネスマン』としてのGoogleは嫌いという話

先日、

を聴いていて思った事を少し書く。


まあなんだ、タイトルで言いたい事は全部言い切っちゃってる訳なんだけれども、僕はどうやら、

  1. 『技術者』としてのGoogleは、好きなんだけれども
  2. 『ビジネスマン』としてのGoogleは、はっきり言って信用ならん!

と考えているっぽい、というようなコトを、この前の、

を聴いていて思い至りました。

で、何故そう思い至ったか、っていうと、まあ Google の『技術面』に対しては、僕は結構好意を持っていて、例えば、

  1. Go-langを気に入っているだとか
  2. あるいは、Google Compute Engine を使ってみようかと考えたり
  3. Googleの新ガジェットに興味津々だったり

するのだけれども、Googleの『ビジネスマン』としての、あるいは、『事業者』としてのGoogleは、はっきり言って信用していなくて、これは例えば、

  1. かつて日本でもはびこったAdsense狩りに、当初ロクな対応をしていなかったり
  2. いわゆるGoogle八分問題について、不誠実な対応をしていたり
  3. 極めつけが名誉毀損のGoogleサジェスト汚染への判決を無視したり

という辺りが原因というか、まあぶっちゃけ、

Don’t be evil

というスローガン掲げていながら、

お前ら邪悪に染まってんじゃんけ!

というのが、まあ主な要因なんだけれども。


まあGoogleとよく比較される、例えば、

  1. Appleとか
  2. Amazonとか

に対しては、彼らは最初から強者として、

邪悪だろうとなんだろうと己の道を妨げるモノには容赦せんわ!

みたいな所を感じとっていて、それを隠したりせず、あからさまにぶっちゃけてるから、その辺りは清い、と感じているんだけれども、Googleはその点、

え、俺たちそんな邪悪な事しないっすよ

とか言いつつ、

実際にはお前ら邪悪なコトしているやんけ!

と感じ取れてしまうから、その辺りのねぇ、なんだろう、

  • 筋を通す態度がない

というのが、どうにも鼻につくというか。なんというか。僕は納得いかないし、あと納得する気もない、っていうのが、僕の根底にある気がしていて、それが、僕のGoogleに対する二律背反につながってるのかなぁと。


ま、とりあえず、今日書き留めておきたい、と思った事はそんな感じです。

まあ、愚痴というか、愚痴では無いんだけれども、僕がGoogleに対する二律背反な感情を抱いている理由は、大体そんな感じなのかな。まあ、もやもやしているんだけれども。

まあ僕もこれでも一応、起業というか、俺の状況的に自分で事業起こすしかないんじゃね? 的な考えを、一度でも抱いた者なんで、もし自分が事業を行うのであれば、

「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」

  • 近江商人三方よし

の精神を持って事業を行えたらなーとか考えてます。まあそうは簡単に行かないと思うけれどもね。事業とか起業とかは。


というコトで、本日は以上です。終わります。まる