カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

言及

これ読んで思った事をほんの少しだけ書いておく。


  1. 生活保護受給者 や、 障害者年金を受給している人 は、 何も 好き好んでそういう立場に陥った訳ではない
    • つーか、俺も(精神)障害者だけど、 高校生の時に発狂 なんてイベント、味わいたくなかったです
    • あと、もう一個、父方の祖父母の介護疲れで 母が錯乱状態 になって入院した、とかも経験したかなかったですね
    • 最後。 精神疾患は、許容量を超えるストレスを受けて続ければ、誰でも発症します 。心の強い弱いなんて、 ただの耐久性の違いでしかない
  2. 生活保護叩いてるヤツに言いたいんだけど、 俺、生活に困窮したら、飢えて死にます! なんて本当に言えるの?
    • つーか、 生活保護を叩いてる ってコトは、 生活に困窮しても、国や行政に頼りません! ってコトだよね
    • で、その上で、頼れる身内も居なかったりするのであれば、 私、喜んで飢え死ににします って言うんだよね
    • 生活保護制度が無いってコトはさ、つまりそういうコトなんだよ。 生活困窮して食う事にすら困れば飢えて死ぬか犯罪を犯すか 。その究極の二択。
  3. あと 生活保護 とか、あるいは 障害者年金 は、 どうしようもなくなった時のため存在する ってコト忘れないようにね
    • つーか、 人間、生きててなんぼ ですから。 自死とかするまえ に、 なんとか頼れるところ見つけよや
    • あと、弱者に厳しい社会って、自分が弱者に陥った時、容赦なく叩かれるってコト、忘れやんようにな。 弱者を不満のはけ口にするってコトはそういうコトやで。
    • 最後、生活保護とか障害者年金とかって、 本当に自分では立ち上がれない人々のために存在する ってコト、忘れんようにね。

というコトで大体は以上。

本当は長めの記事を書きたかったんだけど、いかんせん体調不良で文章力が落ちているので、こういう形になりました。

で、本当、最後に言っておきますけど、

  1. 生活保護
  2. 障害者年金
  3. 自分たちが本当の弱者になった時 のために 存在している

ってコト、本当に分かってほしいと思います。

というコトで以上です。はい。