読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

言及

概要: 現実逃避してたらでけた


えーっと、昨日と今日と、

なーんか(病院行ったとかで)疲れてるし、the.chnlr.net の実装を考えたくないなー
けど、なんかプログラミングはしたいしなー

という感じの現実逃避という名の暇つぶししていたら、

_人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> GolangでのTuple Space 実装!!! <
 ̄YYYYYYYYYYYYYYY^ ̄

が、出来上がりました。どうしてこうなった!


あと、ちなみに

Tuple Space

というのは僕もほぼ詳しくないのですが、なんかプロセス間の協調を行うアルゴリズムとかなんとかって話で、実装としては Linda とかが有名だそうです。

で、僕がこの Tuple Space を知ったのは、

がきっかけで、確か最近にこれの作者の人のスライドをWebで見たのが、初めて Tuple Space なるモノに触れた最初だったと思います。

で、僕もこれ、現実逃避のために実装したのは良いんですが、使い道をよくわかってないし、あと Tuple Space の実装として正しいとかどうとかもよく分かってないので、まあなんかあったらGithubでのPull-ReqなりIssueなりで、マサカリっていただけたらな、と思います。


というコトで今日は以上っす。はい。