カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

プログラミング廃人

概要: という生活を送っている。 (以下ポエムです)


プログラミング廃人=ネトゲ廃人みたくプログラミングを行う、というコト

何と言ったらいいのかわからないのだけれども、ここ数日間、僕は完全にプログラミングとそれに伴うネット検索を行う廃人みたいな生活をしていて、ネトゲ廃人ならぬ、プログラミング廃人という、No Programming, No Liteみたいな状態になっている。

なので当然、髪の毛はボサボサだし、ヒゲもモジャってるし、目のクマは当然の様に存在して、やはり僕の見た目は精神的廃人のソレだし、けれども、爛々と輝く眼はディスプレイを凝視して、かつ手は無限にコードを打ち込んでいて、廃人のような見てくれで、かつ、それは狂気かっていうぐらいコードを打ち込んでいるので、やはりそれは精神が荒廃しているが故の廃人ではなく、異常に物事にのめり込んでいるという意味で廃人だと思う。

プログラミングの息抜きにプログラミングをする

もはやそれは異常だと思うのだけれども、最近僕は、昨日なんとかについてのプログラミングに疲れたから、今日は別の事柄についてのプログラミングをしよう、という様な生活になっていって、それはもはや休憩と言えるのか、あるいは、休憩と言えどもプログラミングしていなければ、堪え難き苦痛を覚えるのか、と問われそうな感じでは有るのだけれども、それは別に苦痛でもなんでもなく、ごく自然にプログラミングの休憩=息抜きにプログラミングを行っているので、俺はやはりプログラミング廃人なのだ、という錯覚を覚えた。

ただ、いくらプログラミングの休憩にプログラミングをしている様であっても、実際の僕は家事手伝いという身分の身なので、当然の様に、休憩がてら家の家事をこなしているし、かつReeder + FeedBin + Readability で構築した、かつてのLivedoor Reader、あるいは現在のライブドワンゴリーダーでの生活を思わせる、おかしなほどの量の情報を気軽に捌いているので、それはそれでやはりネット廃人的なあり方だ、と僕はかすかに思う。

寝る前までプログラミングをするという愚行

よく世間では寝る前にテレビやパソコンを行うと、寝つきが悪くなるとかなんとか言っているけれども、それはやはり僕にも言えるコトではあり、僕は今現在患っている精神疾患のため、薬を服用しなければ眠気が来ない、という有り様なのだけれども、寝る前に薬を飲んでいるとは言っても、それは眠剤ではなく、ただの抗うつ薬とアカシジアを抑えるための薬であるので、特に寝る前にパソコンを広げもくもくとコードを打ち込んでいても、眠気に負け、コードを書くのに疲れ果ててしまえば、あっ、っという間に寝れるコトには寝れる。

ただし、あまりにも最近プログラミングをしすぎているので、もうそろそろ反動というか、眠ることによってすら取りきれない、プログラミングによる脳の疲労が顕在化しそうな予感は既に有り、こういった頭のおかしなポエムをブログに書き連ねているのだけれど、そもそもの話、今年の初め、元日から今日に至るまで、毎日ブログを書く、という日課を自身に課し、それを現在に至るまで、途中、手を抜いた日々が有りつつも続いていたりするので、それはもはや狂気ではないか、と、自分でも思わないでもない。

ただ、それでも尚、コードを書くにしろブログを書くにしろ、何かを書き連ねる、あるいは、何かを創り上げるという行為は快楽を伴うので、それはそれで魔的なのではないか、やはり何か、その行為に取り憑かれたのではないかとう錯覚を覚えなくもないけれども、そもそも話、僕は精神疾患を患う病人であり、当に正気は失っているではないか、とも思わないでもないので、そのあたりは絶妙に微妙な塩梅では在る、と思います。

以上

ポエムでした。