カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

今日は父方の祖父の三周忌だった

という話。


まあじーさんの法事は無事に終わりました。

で、今日分かった意外な事を書く。

1. 父方の祖母の家にある、法事が終わった後に読む御書はなんと大正8年に作られたモノだった

なんでそんなモンが、婆さん家にあるんや……

で、その御書、大事にされてきたのか何かは知らないけれども、部分的にしみ(というかカビ)が出ていたのはいたのだけれども、それなりに状態は良かった。っていうか今日も使ってたし。

うん、まあ、お坊さんも驚かれていましたが。

2. 婆さん家の仏壇、余裕で50年は経ってる。マジか

僕の婆さん家はその昔、伊勢湾台風で沈み、その後建て直した家なんだけど、婆さん宅に有った仏壇はどうもそれ以前から有るらしく、伊勢湾台風の時に水に浸かったけど、その後何回か修理して今に至るらしい。

で、という様な話を今日、祖母方の親戚のおばあさん(祖母の従姉妹に当たる方)がおっしゃっていました。

3. 仏壇が金ぴかなのは、浄土真宗だけっぽい(?) という話を今日始めて聞いた

最後。仏壇が金ぴかなのは、浄土真宗だけ(?)なそうな。

まあ家は両親の実家とも真宗高田なので、どっちの実家にある仏壇は金ぴかなんだけど、アレ、浄土真宗だけらしい。初めて知りました。

という事で以上

うん。一番驚いたのは、俺が年寄りになるまで存在していれば、ある種の法具になりそうな御書が有った、という話ですね。

っていうか今さっき調べたんですが、本当に大正8年に作られた御書であるなら、器物百年まで、あと5年も無いという。おお、なんかすごいな。それ。


という事で今日の雑記は以上でした。終わります。はい。