カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

僕がブログ記事などの文章を書くときに心がけている三つのコト

概要: ヒマなのでなんとなく書いてみるテスツ


今、ちょうどなんかヒマな感じで、退屈しているので、

  • 僕がブログ記事などの文章を書くときに心がけている三つのコト

をさらっと書いてみたいと思います。


1. 言いたいことは三つにまとめる

まず最初にこれ。

僕の場合、長文の記事を書くときは、最近では基本的に、

  1. 言いたいことなどを三つにまとめ
  2. それぞれの節を同じような長さにし
  3. 最後にまとめを書く

というような記事構成にすることが多いのですが、この、

  • 言いたいことを三つにまとめる

というのは、読みやすい記事を書く上で、結構重要なことではないか、 と個人的には思っています。

特に、長文記事なんかだと、言いたいことをダラダラと書くと締まりがなくなるし、 あと、

結局何が言いたいの?

とかなるので、僕は記事を書き始めるまえに、

  • だいたいこの記事はこういう流れで、言いたいことはこの三つかな

というのを、なんとなく想定して書いてます。

で、実はこれ元ネタがあって、それは何かっていうと、故スティーブ・ジョブズのプレゼンネタ本である

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

を読んだあたりから、自然と取り入れた手法だったりします。

あと、他にもガイ・カワサキ氏の起業関連本にもある程度の影響はされてますが、 まあ基本的には、上記の プレゼン本が元ネタですね。はい。

なので、まあ上記の本を読んだことがない方は、一回読んでみるといいかと思います。

で、次。

2. 引用やリストなどのマークアップ適切に使う

これはまあ SEO 的な意味があるか、っていうとそうでもなく、 単に、

  • 記事の内容を見やすくるすため

に使ってる手法ですが、僕の場合、

  1. 単一の主張を強調する場合には、一項目だけのリストを
  2. 一つの流れや、あるいは複数の主張を強調したい時には、三項目だけの序列リストを
  3. 自身の意見や、あるいは他者の意見などには、引用マークアップを

それぞれ使用していたりします。

で、あとは、斜体 (HTMLだと em 要素) や、あるは 太字 (HTML だと strong 要素) なんかも使ってますが、 これは、

  1. 斜体 は、他の単語などとの差異を強調するために
  2. 太字 は、単純に強調したい文を強調するために
  3. それぞれ使い分けて使っている

という感じです。

ま、この辺りなんとなしに感覚で使い分けているのですが、こういったような、

  • 文章に対する適切なマークアップ

を施しておくと、記事を読むときに読みやすく感じるかと思いますし、 あと、 最初に書いた SEO 的な意味合いでも、まあプレーンテキストよりかはマシになるかと思うので、 僕はその辺り適切にマークアップするように心がけてます。

あとはまあ僕はブログ記事などは Markdown を使って書いているので、 その辺りのマークアップは、すべて Markdown でやってますけどね。

で、最後。

3. ネガティブな表現や、個人攻撃はしない (なるべく) しない

まあ僕でも過去によっぽど腹に据えかねたこととか、あるいは、お前ふざけんじゃねぇよハゲ! っていうときに個人名出したことがあったのですが、まー基本的には、

  • 個人名を出しての個人攻撃は行わない

ようにはしています。

で、これなんでかっていうと、個人攻撃の類は 僕が 基本不愉快に感じるから、 っていうのと、あと、不用意に個人攻撃すると、炎上したり 、あるいは、 思いもよらぬ恨みを買ったり する可能性があるからです。

で、あと、もう一つ心掛けていることとしては、

  • ネガティブな表現はなるべく使わない

というのがあって、ネガティブな表現は、ちょっと茶化してっていうとヘンなのだけど、 まあちょっとマイルドな表現に直して書いてたりはします。

で、これは何故かっていうと、まあ基本的に、

ネガティブな表現は、それを読んだ人の感情をネガティブな方面に引っ張ってしまう

というのがあるのと、あと、

自分が ネガティブな表現を目にしてしまうと、やっぱりネガティブな感情に引っ張られてしまう

というのが主な理由です。

まあでも、これに関しても、僕自身、なるべくは避けるようにはしているものの、 必ずしも守ってる訳でもないので、その辺り他人があーだこーだ言える立場にはないんですが。 まあ基本的にはこういう感じなことには気を使ってるよってことで。

ということで以上

なんかこの記事を書くのに40分ぐらいかかってますが、とりあえず、

  • 僕がブログ記事などの文章を書くときに心がけている三つのコト

は以上です。はい。

まー参考になるかどうかはその人によりけりだとは思いますが、 まとまった文章を書く方の何かの参考になれば嬉しいです。

という事で以上で暇つぶしを終えたいと思います。お疲れ様でした。まる